カティアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地質時代 - 顕生代[1][2]
累代 基底年代
Mya[3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600

カティアン: Katian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。4億5300万年前(誤差70万年)から4億4520万年前(誤差140万年)にあたる、後期オルドビス紀を三分した中期である。前の期は後期オルドビス紀前期であるサンドビアン、次の期は後期オルドビス紀後期であるヒルナンシアン[4]。日本語ではケイティ期とも呼ばれる[5]

名前はアメリカ合衆国オクラホマ州アトカ郡のケイティ湖に由来する[6]

GSSP[編集]

カティアン階の国際標準模式層断面及び地点(GSSP)はアメリカ合衆国のオクラホマ州南東部のブラック・ノブ・リッジ・セクションである。このセクションはウォンブル頁岩英語版ビッグフォーク・チャート英語版露頭であり、後者にカティアン階の基底が含まれている。基底はフデイシの種 Diplacanthograptus caudatus の初出現で定義され、この層準はビッグフォーク・チャートの基底から4メートル上に位置する[7][8]

生物[編集]

スウェーデンのダーラナ県から産出するボーダ石灰岩はストロマタクティス構造と呼ばれる複雑な中空の構造を持ち、カティアン期当時の隠蔽環境を示している。この石灰岩からは生物の離散した硬組織が得られている。三葉虫は幼生の化石も確認されるほか、小型巻貝や貝虫環形動物マケリディアン類・無関節腕足動物が確認されている。特に小型巻貝と貝虫が石灰岩中に富み、三葉虫の Isocolus sjoegreni が巻貝群集中に、同じく三葉虫の Ityophorus undulatus が貝虫群集中に観察できることが多い。また、三葉虫の Prionocheirus obtusus は生物の死骸が集積した場所からのみ産出している[9]

上記の3種の小型三葉虫のうち前者2種は目が退化している、ロストラルプレートと呼ばれる器官が退縮・癒合するなどの特徴がある。系統関係に基づく類推から、両属は体の器官を単純化した後に全身の矮小化と盲目化が起こり、前適応的に食性などの特徴を持ってそれぞれ特異的な共産関係を構築したと考えられている。一方で P. obtusus は盲目化や構造の単純化などは確認されていないが、属の生息期間がオルドビス紀全体に及ぶほど長く、三葉虫の中で最深領域に生息する種も中期オルドビス紀にいたことから、隠蔽環境や深海といった閉鎖的な環境における選択圧に対する応答を古くから維持していたことが示唆されている。生物の硬組織が流入した場所のみから産出するということは、隠蔽環境の物理的な性質に適応した生活スタイルだったことを意味する可能性がある[9]。なおこれら三葉虫は古い系統であるが、同石灰岩から産出した小型巻貝とマケリディアン類は比較的新しい系統に属し、後のシルル紀に適応放散した分類群とごく近縁なものもいるという[9]

タイ王国南部のサトゥーン県からはダーリウィリアンからカティアンまでの化石帯が3つ、マレーシアのランカウイ群島からはダーピンジアンからカティアンまでの化石帯が4つ報告されている[10]

脚注[編集]

  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前
  4. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年4月23日閲覧。
  5. ^ 鈴木寿志「地質年代区分2012」『日本地質学会第120年学術大会講演要旨(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_629閲覧は自由
  6. ^ Bergström, Stig; Finney, Stanley; Xu, Chen; Goldman, Daniel; Leslie, Stephen (31 August 2006). “Three new Ordovician global stage names”. Lethaia 39 (3): 287–288. doi:10.1080/00241160600847439. 
  7. ^ Goldman, Daniel; Stephen A. Leslie; Jaak Nõlvak; Seth Young; Stig M. Bergström; Warren D. Huff (2007). “The Global Stratotype Section and Point (GSSP) for the base of the Katian Stage of the Upper Ordovician Series at Black Knob Ridge, Southeastern Oklahoma, USA”. Episodes 30 (4): 258–270. http://www.stratigraphy.org/GSSP/file37.pdf 2012年9月20日閲覧。. 
  8. ^ GSSP for Katian Stage”. Geologic Timescale Foundation. 2012年12月2日閲覧。
  9. ^ a b c 鈴木雄太郎「隠蔽環境の化石動物種群 : 4.5億年前の石灰泥丘を例に(2009年度日本動物分類学会シンポジウム)」『タクサ:日本動物分類学会誌』第28巻、日本動物分類学会、2010年2月20日、 41-44頁、 doi:10.19004/taxa.28.0_41オープンアクセス
  10. ^ 上松佐知子「マレーシア・ランカウィ諸島における下部–中部オルドビス系生層序の確立」『地質学雑誌』第119巻第5号、日本地質学会、2010年10月25日、 874頁、 doi:10.5026/jgeography.119.872閲覧は自由