カトリーナ・ゴリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カトリーナ・ゴリー Football pictogram.svg
Katrina Gorry P2080904.jpg
ブリスベン・ロアー時代(2014年)
名前
本名 Katrina-Lee Gorry
カトリーナ=リー・ゴリー
愛称 Mini(ミニ)[1][2]
ラテン文字 Katrina GORRY
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1992-08-13) 1992年8月13日(26歳)
出身地 ブリスベン
身長 154cm[3]
体重 53kg[3]
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアーFC
ポジション MF
背番号 10
ユース
オーストラリアの旗 マウント・グラヴァット
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 オーストラリアの旗 マウント・グラヴァット
2009 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 9 (2)
2010-2011 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 9 (1)
2011-2012 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 9 (3)
2012 カナダの旗 オタワ・フューリー 12 (2)
2012-2014 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 25 (7)
2014 アメリカ合衆国の旗 カンザスシティ 10 (1)
2014-2017 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 34 (9)
2017 日本の旗 ベガルタ仙台レディース 14 (0)
2017-2018 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 13 (2)
2018 アメリカ合衆国の旗 ユタ・ロイヤルズ 16 (0)
2018- オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー
代表歴2
2012- オーストラリアの旗 オーストラリア 68 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年10月2日現在。
2. 2018年4月18日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

カトリーナ=リー・ゴリー(Katrina-Lee Gorry[4], 1992年8月13日 - )は、オーストラリアブリスベン出身の女子サッカー選手。オーストラリア・Wリーグのブリスベン・ロアーFC所属。

来歴[編集]

クラブ[編集]

マウント・グラヴァット・ホークスFC英語版でキャリアをスタートさせ、2009年からWリーグメルボルン・ビクトリーFC英語版アデレード・ユナイテッドFC英語版でプレーした。2012-13シーズンにはブリスベン・ロアーFC英語版でレギュラーシリーズ優勝を果たした。

2014年、アメリカ合衆国NWSL所属のFCカンザスシティ英語版に加入して10試合に出場し1得点を挙げ、リーグタイトルを獲得した[2]

2017年3月から日本マイナビベガルタ仙台レディースに練習生として参加[5]、4月に正式加入した[3]。主にボランチでプレーし[6]、14試合に出場した[2]。同年10月、契約満了により仙台を退団した[7]

2018年2月14日、NWSLのユタ・ロイヤルズFCと契約した[2]。同年10月、ユタ・ロイヤルズを退団して[8]ブリスベン・ロアーに復帰した[9]

代表[編集]

2012年7月11日、キリンチャレンジカップ日本戦でオーストラリア女子代表デビュー[10][11]。2014年のAFC女子アジアカップでは3ゴールを決めたが、決勝で日本に敗れ準優勝となった[12]。同年、日本の宮間あや川澄奈穂美を抑えてアジア女子年間最優秀選手賞を受賞、オーストラリア人としてはキャスリン・ジル英語版以来2人目となった[13]。また2014年FFA女子年間最優秀選手賞を受賞した[14]2015 FIFA女子ワールドカップでは先発4試合を含め5試合に出場し、ベスト8に進出した。2016年のリオデジャネイロオリンピックは全4試合に先発出場した。2017 トーナメント・オブ・ネーションズ英語版ではチームメイトのケイトリン・フォードと共に出場して全勝優勝を果たし、自身もブラジル戦で1得点を挙げた[15]。2018年のAFC女子アジアカップは4試合に出場し準優勝した。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

代表でのゴール[編集]

タイトル[編集]

クラブ・代表[編集]

  • ブリスベン・ロアーFC
    • Wリーグレギュラーシリーズ: 2012-13, 2017-18
  • FCカンザスシティ
    • NWSLプレーオフ: 2014
  • オーストラリア女子代表
    • トーナメント・オブ・ネーションズ: 2017

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “4月10日(月)、マイナビベガルタ仙台レディース カトリーナ ゴリー選手加入記者会見を行いました。” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2017年4月10日), http://www.vegalta.co.jp/news/online_news/2017/04/post-4619.html 2018年6月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d Australian WNT goal scorer and NWSL champion Katrina Gorry Joins Utah Royals FC”. レアル・ソルトレイク (2018年2月14日). 2018年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c “カトリーナ ゴリー選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2017年4月9日), http://www.vegalta.co.jp/news/ladies_news/2017/04/post-4613.html 2018年6月9日閲覧。 
  4. ^ Katrina-Lee Gorry”. Westfield Matildas. 2018年6月9日閲覧。
  5. ^ “ベガルタLに豪州代表・ゴリーが完全移籍!15日長野戦の出場意欲”. SANSPO.COM. (2017年4月11日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20170411/scd17041110010001-n1.html 2018年6月9日閲覧。 
  6. ^ 小林健志「マイナビベガルタ仙台レディース 仙台で目指すは「サクラ咲く」」、『河北スポーツマガジンStandard宮城』vol.19(2017年7・8月号)、河北新報出版センター pp. 8-9
  7. ^ “カトリーナ ゴリー選手 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2017年10月6日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2017/10/post-5277.html 2018年6月9日閲覧。 
  8. ^ UTAH ROYALS FC KEEPS CORE INTACT FOR 2019 SEASON”. レアル・ソルトレイク (2018年10月1日). 2018年11月4日閲覧。
  9. ^ Six local heroes sign on”. ブリスベン・ロアーFC (2018年10月2日). 2018年11月4日閲覧。
  10. ^ Westfield Matildas fall to Japan”. オーストラリアサッカー連盟 (2012年7月12日). 2018年6月9日閲覧。
  11. ^ マッチレポート (PDF)”. 日本サッカー協会. 2018年6月9日閲覧。
  12. ^ Brisbane Roar's Katrina Gorry has been named FFA Female Footballer of the Year for 2014.”. ブリスベン・ロアーFC (2015年1月2日). 2018年6月9日閲覧。
  13. ^ John Greco (2014年12月1日). “Gorry honoured by top AFC award”. Westfield Matildas. 2018年6月9日閲覧。
  14. ^ Jedinak and Gorry named FFA Footballers of the Year”. Westfield Matildas (2015年1月1日). 2018年6月9日閲覧。
  15. ^ “マイナビ仙台「世界の2人」フォード&ゴリー合流”. 日刊スポーツ. (2017年8月10日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/1869913.html 2018年6月9日閲覧。