カトリーヌ・マラブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カトリーヌ・マラブー
Catherine Malabou
生誕 1959年????
フランスの旗 フランス
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
研究分野 形而上学神経科学倫理学社会思想
主な概念 可塑性、神経可塑性
テンプレートを表示

カトリーヌ・マラブーCatherine Malabou1959年 - )は、フランス哲学者女性パリ第10大学哲学科教授を経て、現在はイギリスキングストン大学「Centre for Research in Modern European Philosophy」(近代ヨーロッパ哲学研究センター)教授を務める。

人物[編集]

高等師範学校 (フランス)ではジャック・デリダに師事。主著である『ヘーゲルの未来』は博士論文として指導教官のデリダに提出されたものである。

G.W.F.ヘーゲルマルティン・ハイデッガーの研究を基礎とし、近世哲学から現代思想大陸哲学を中心に、幅広く研究。「可塑性の哲学」を掲げている。パリ第10大学教授時代の門下生には、日本の哲学者千葉雅也などがいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヘーゲルの未来――可塑性・時間性・弁証法』L'Avenir de Hegel. Plasticité, temporalité, dialectique, Paris, J. Vrin, « Bibliothèque d'histoire de la philosophie », 1994年原書出版、西山雄二訳、未来社2005年
  • La Contre-allée, avec Jacques Derrida, Paris, La Quinzaine littéraire - L. Vuitton, diffusion Harmonia mundi, « Voyager avec », 1999年原書出版。
  • Plasticité, (dir.), Paris, Léo Scheer, 2000年原書出版。
  • Le Change Heidegger. Du fantastique en philosophie, Paris, Léo Scheer, « Non & non », 2004年原書出版。
  • La Plasticité au soir de l'écriture. Dialectique, destruction, déconstruction, Paris, Léo Scheer, « Variations », 2004年原書出版。
  • 『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本主義』Que faire de notre cerveau ?, Paris, Bayard, « Le temps d'une question », 2004年原書出版、桑田光平訳、増田文一朗訳、春秋社2005年
  • 『新たなる傷つきし者――現代の心的外傷を考える』Les Nouveaux Blessés. De Freud à la neurologie, penser les traumatismes contemporains, Paris, Bayard, 2007年原書出版、平野徹訳、河出書房新社2016年
  • Ontologie de l'accident, Paris, Léo Scheer, « Variations », 2009年原書出版。
  • La Chambre du milieu. De Hegel aux neurosciences, Paris, collection « Le Bel Aujourd'hui », Éditions Hermann, 2009年原書出版。
  • Changer de différence, Paris, Galilée, 2009年原書出版。
  • La Grande Exclusion, avec Xavier Emmanuelli, Paris, Bayard, 2009年原書出版。
  • Sois mon corps, avec Judith Butler, Paris, Bayard, 2010年原書出版。
  • Self And Emotional Life, Philosophy, Psychoanalysis, And Neuroscience, avec Adrian Johnston, New York, Columbia University Press, 2013年原書出版。
  • Avant demain. Épigenèse et rationalité, Paris, P.U.F., 2014年原書出版。

編著[編集]

  • カトリーヌ・マラブー編、『デリダと肯定の思考』、高橋哲哉訳、高桑和巳訳、増田一夫訳、未来社2001年

脚注[編集]