カトレウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カトレウス古希: Κατρεύς, Katreus, ラテン語: Catreus)は、ギリシア神話の人物で、クレータ島の王である。

クレータ島の王ミーノースパーシパエーの子で、デウカリオーングラウコスアンドロゲオース、アカレー(アカカリス)、クセノディケー、アリアドネーパイドラーと兄弟[1]アーエロペークリュメネーアペーモシュネーアルタイメネースの父[2]

神話[編集]

あるときカトレウスは自分の死について神託にたずねた。すると自分の子供の誰かに殺されるだろうと告げられた。このためカトレウスは神託を秘密にしておいたが、神託を知った息子のアルタイメネースは父殺しを恐れてアペーモシュネーとともにロドス島に去った[3]。カトレウスは残った2人の娘アーエロペーとクリュメネーをナウプリアの王ナウプリオスに引き渡し、異国に売り飛ばすよう頼んだ。そこでナウプリオスはクリュメネーを自分の妻とし、アーエロペーをプレイステネースに与えた[注釈 1]

後にカトレウスは年老いたとき、アルタイメネースにクレータ島を継がせたいと思い、密かにロドス島に渡ったが、海賊と間違われて島民と争いになった。カトレウスは必死に弁明したが犬たちの吠える声のせいで島民には聞こえなかった。やがてアルタイメネースが現れて、見知らぬ老人を自分の父とは気づかずに槍で殺してしまった。アルタイメネースは後で老人がカトレウスだと知り、絶望して大地に呑み込まれた[4]

なお、パリスヘレネーを誘拐したのは、メネラーオスがカトレウスの葬儀に出るためにクレータ島に行き、スパルタを留守にしていたときであったという[5]

系図[編集]

 
 
 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
ナウプリオス
 
クリュメネー
 
アルタイメネース
 
アペーモシュネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
ナウシメドーン
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この伝承ではアガメムノーンメネラーオスアトレウスとアーエロペーの子供ではなく、プレイステネースとの子供となっている[4]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻1・2。
  2. ^ アポロドーロス、3巻2・1。
  3. ^ アポロドーロス、3巻2・1。
  4. ^ a b アポロドーロス、3巻2・2。
  5. ^ クレータのディクテュス、1巻1-3。

参考文献[編集]