カトレーン・ワイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カトレーン・ワイス
Kathleen Weiß
 No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
20130906 Vollyball EM Frauen by Olaf KosinskyDSC 0026.JPG
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1984-02-02) 1984年2月2日(34歳)
出身地 東ドイツの旗シュヴェリーン
ラテン文字 Kathleen Weiß
身長 171cm
体重 61kg
選手情報
所属 チェコの旗 VK AGEL Prostějov
ポジション S
利き手
スパイク 290cm
ブロック 273cm 
テンプレートを表示

カトレーン・ワイス(Kathleen Weiß、1984年2月2日[1] - )は、ドイツの女子バレーボール選手。シュヴェリーン(当時の東ドイツ)出身。ポジションはセッタードイツ代表

来歴[編集]

2003年にドイツ代表に初選出され、同年のワールドグランプリでデビューした。2005年から本格的に国際大会へ参戦し、 セカンドセッターとして、2006年の世界選手権などに出場した。

2009年からは正セッターとして、同年のワールドグランプリで同国を7年ぶりに銅メダルへ導き、ヨーロッパ選手権でも 4位に入った。2010年の世界選手権では7位入賞を果たした。2010-11シーズンはアゼルバイジャンリーグのイトゥサチ でプレーし、佐野優子とチームメイトであった。2011年9月のヨーロッパ選手権では銀メダルを獲得し、ワールドカップに出場した。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]