カナートス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女神の沐浴を描いたルドビシの玉座ローマ国立博物館蔵)

カナートスΚάναθος, Kanathos)は、古代ギリシアの宗教において、女神ヘーラーが年1回自身の処女性を回復したとされる泉である。この泉は、アルゴリダ地方ナウプリアにあったとされる[注 1]

パウサニアスは「カナートスと呼ばれる泉があり、アルゴス人が言うことには、ヘーラーはそこで毎年沐浴し、それによって乙女になるが、この物語は彼らがヘーラーに対して行う儀式と関連している」と記している[1]。儀式について秘匿するという性質から、ギリシア神話の中で、儀式について具体的に、あるいは隠さずに語ることは許されなかった。S. キャッソンはこれについて、「ルドビシの玉座」と呼ばれる彫刻に描かれた、パフォスの海で沐浴し再生するアプロディーテーと共通する、あいまいな主題であることを示唆している[2]

サモス島では、密議において女神の儀式的な沐浴が表現された。サモスの古い木造のヘーラー像は、もとは偶像視された木の板か、クソアノン英語版[注 2]であったとされ、年に一度、海で洗う儀式が行われたが、その起源神話としてこの逸話が生じた[4]。G. W. エルダーキンはアプロディーテーの巫女たちが行う「洗う水を運ぶ者」を意味するルートロポロス (loutrophoros) という儀式について「女神像の沐浴は、女神が自ら行った沐浴を記念し、再現する儀式である」と指摘している[5]

ジェーン・エレン・ハリソン英語版によれば、これはおそらくペラスゴイ人英語版に起源を持つ三相のヘーラーがアルカディア地方ステュムパーロス英語版で「一年を表す女神として彼女の中に古代ギリシアの季節の、春、夏から秋、そして冬を想起させる」乙女、妻、そして寡婦として崇められられていたことを[1]彷彿させるものである。ナウプリアでも同様に[6]、ヘーラーは、年々若さを回復するが、他の年を司る神々と同様に、若さと処女性を取り戻すにはカナートスで沐浴しなければならなかった。『イーリアス』に見られるような高貴な母神性もまた、文学的なオリンポスの神々の完全性を強調するものである。[7]

エレウテリオン[注 3]の水はアルゴスのヘーラー神殿英語版での沐浴の儀式に使われた[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ナウプリアは湾を挟んで古代の聖地レルナ英語版に面していた。
  2. ^ 木製の像、特に神々の像[3]
  3. ^ Eleutherion, ヘーラー神殿の道の脇に流れる。「自由の水」の意[8]

出典[編集]

  1. ^ a b パウサニアス、ii.38.2
  2. ^ S. Casson, "Hera of Kanathos and the Ludovisi Throne" The Journal of Hellenic Studies 40.2 (1920), pp. 137-142.
  3. ^ ξόανον”. The Online Liddell-Scott-Jones Greek-English Lexicon. Thesaurus Linguae Graecae. 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ Helmut Kyrieleis, "The Heraion of Samos" Archived 2012-11-28 at the Wayback Machine., Scott J. Thompson, tr., from Kyrieleis' Führer Durch das Heraion von Samos ["Guide Through the Heraion of Samos"], Deutsches Archäologisches Institut (Athens:Krene) 1981, pp 9-53.
  5. ^ G. W. Elderkin, "Aphrodite and Athena in the Lysistrata of Aristophanes" Classical Philology 35.4 (October 1940, pp. 387-396) p. 395.
  6. ^ パウサニアス、ii.38.2
  7. ^ Harrison, reviewing Charles Waldstein, "Excavations of the American School of Athens at the Heraion of Argos, 1892" in The Classical Review '6.10 (December 1892, pp. 473-474) p.474.
  8. ^ 馬場訳、p.84。
  9. ^ パウサニアス、ii.17.1.

参考文献[編集]

  • パウサニアス 『ギリシア案内記 下巻』 馬場恵二訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1979年4月。ISBN 4-00-334602-5。

関連項目[編集]