カニクイザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カニクイザル
カニクイザル
カニクイザル Macaca fascicularis
保全状況評価[1][2][3]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
: オナガザル科 Cercopithecidae
: マカク属 Macaca
: カニクイザル M. fascicularis
学名
Macaca fascicularis
(Raffles, 1821)[3][4][5]
和名
カニクイザル[5]
英名
Crab-eating macaque[4][5]

カニクイザル (Macaca fascicularis) は、哺乳綱霊長目オナガザル科マカク属に分類される霊長類。

分布[編集]

インドニコバル諸島)、インドネシアカンボジアタイ王国バングラデシュブルネイマレーシアミャンマーベトナムラオス[3]。人為的な導入により香港イリアンジャヤパラオモーリシャスサモアなどに定着している[6]

模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はスマトラ島[4]アカゲザルと分布の境目では交雑しており、正確な分布の境界は不明[3]

形態[編集]

亜種によっても異なるが、大人の個体で体長38-55cm、尾の長さは40-65cmになる。体重はオスで5-9kg、メスで3-6kg。尾は長い[5]。頭頂部の体毛が房状に伸長する個体もいる[5]。種小名fascicularisは「房状の」の意で、頭頂部の体毛に由来すると考えられている[5]。灰褐色や暗褐色・黄褐色などの体毛で被われる[5]

分類[編集]

本種の学名としてMacaca irusが用いられることもあったが、裸名とされる[5]

以下の亜種の分類は、Groves(2005)に従う[4]。分布はIUCN(2020)に従う[3]

Macaca fascicularis fascicularis (Raffles, 1821)
インドネシア(ジャワ島、スマトラ島、バリ島、ボルネオ島、小スンダ列島)、マレーシア
Macaca fascicularis atriceps Kloss, 1919
Khram Yai島
Macaca fascicularis aureus (E. Geoffroy, 1831)
タイ王国中西部、バングラデシュ南部、ミャンマー、ラオス
Macaca fascicularis condorensis Kloss, 1926
ベトナム南岸のCon Son島
Macaca fascicularis fuscus (Miller, 1903)
Simeulue島
Macaca fascicularis karimondjawae Sody, 1949
Karimunjawa島、Kemujan島?
Macaca fascicularis lasiae (Lyon, 1916)
Lasia島
Macaca fascicularis philippensis (I. Geoffroy, 1843)
フィリピン
Macaca fascicularis tua Kellogg, 1944
Maratua島
Macaca fascicularis umbrosus (Miller, 1902)
ニコバル諸島[3]

アカゲザルと交雑し、ミナミブタオザルMacaca nemestrinaとの交雑個体も報告されている[3]

生態[編集]

社会性を有する動物で、通常5-60頭の群れを作って生活する。その群れには通常2-5頭のオスが含まれる。群れの大きさは餌の豊富さなどに依存し、群れでのランクは成熟したオスがメスより上位となる。

メスの妊娠期間は167-193日で、子ザルの出生時の体重は約350g。はじめは黒い体毛であるが、数ヶ月の間に生え変わり、最終的に赤茶色の体毛となる。

食性は雑食で、植物の果実種子を主な餌としているが、それ以外にも植物の葉、花、根、小鳥、トカゲカエルなどさまざまな動植物を捕食している。海岸やマングローブ林に生息する個体はカニ類も食べることが名前の由来とされるが、カニ類のみを食べるわけではない[5]

人間との関係[編集]

顎関節の形態などヒトに類似する点が多く、また同一条件での飼育が可能であるため[7]、形態的な研究や投薬研究の際の実験動物として用いられることがある。[8]前述したように実験動物として用いられることがあるほか、宇宙飛行のテスト動物として宇宙船に搭乗させられる(宇宙に行ったサルを参照)。

各地で導入、野生化したカニクイザルが農作物に被害を与える事例も発生しており、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。また、カニクイザルはエボラウイルスサル痘Bウイルス感染症媒介者として知られる。

インドネシアのバリ島や、タイ王国のロブリ(サーン・プラカーン寺院)などのように一部の地域では信仰の対象とされることもある[9]。東南アジアでは寺院や公園などにすみついたサル類(テンプル・モンキー)がみられ、その多く(特に人里周辺)は本種とされる[9]。インドネシアのバリ島・ジャワ島のパンガンダラン自然保護区、シンガポール、ロブリの例では、生息地の1970年代以降の経済発展に伴い観光客も含めた餌付けなどが盛んになりこれらの地域での個体数が増加したと考えられている[9]。タイのロブリーという町に住むカニクイザルには、人間の髪の毛をデンタルフロス代わりに用いるものがいて、その行為は親から子に伝えられる。

分布は非常に広く、生息数が多いため絶滅のおそれは低いと考えられてきた[3]。一方で後述する理由により生息数は減少していたにもかかわらず、生息数が多いとみなされていたことから関心が向けられなかったり保護対策などが行われておらず将来的にさらに生息数が激減することが示唆されている[3]。食用やスポーツハンティングとしての狩猟、実験動物としての採集、害獣としての駆除などにより生息数は減少している[3]。1977年に、霊長目単位でワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

M. f. fascicularis
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[3]
Status iucn3.1 LC.svg
M. f. atricepsM. f. aureusM. f. fuscusM. f. karimondjawaeM. f. lasiaeM. f. tua
DATA DEFICIENT (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[3]
Status none DD.svg
M. f. condorensisM. f. umbrosus
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[3]
Status iucn3.1 VU.svg
M. f. philippensis
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg

手先が器用で飼育施設から逃亡した例があること・移入先で農作物を食害し被害を与える例があること・移入先の在来種を捕食し生態系を破壊した例があること・ニホンザルとの交雑が懸念されるなどことから、日本では2005年4月に特定外来生物に指定されている(同年6月に施行)[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 26 November 2019)<https://cites.org/eng> (downroad 07/27/2020)
  2. ^ a b UNEP (2020). Macaca fascicularis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 07/27/2020)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Eudey, A., Kumar, A., Singh, M. & Boonratana, R. 2020. Macaca fascicularis. The IUCN Red List of Threatened Species 2020: e.T12551A17949449. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2020-2.RLTS.T12551A17949449.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis atriceps. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39769A10256248. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39769A10256248.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis aureus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39770A10256106. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39770A10256106.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis condorensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39785A10267597. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39785A10267597.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis fascicularis. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39768A10255883. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39768A10255883.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis fuscus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39786A10257193. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39786A10257193.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis karimondjawae. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39787A10257320. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39787A10257320.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis lasiae. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39788A10257440. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39788A10257440.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis philippensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T40788A10354490. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T40788A10354490.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis tua. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39790A10257551. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39790A10257551.en. Downloaded on 27 July 2020.
    Ong, P. & Richardson, M. 2008. Macaca fascicularis umbrosus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T39791A10257717. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T39791A10257717.en. Downloaded on 27 July 2020.
  4. ^ a b c d Colin P. Groves, "Order Primates,". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 111-184.
  5. ^ a b c d e f g h i 岩本光雄「サルの分類名(その1:マカク)」『霊長類研究』第1巻 1号、日本霊長類学会、1987年、45-54頁。
  6. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7。
  7. ^ 千葉夏未(2007)「卵巣摘出カニクイザル下顎頭の形態学的変化に関する研究」東北大学歯学雑誌 26(2), p.37
  8. ^ 遺伝学的・微生物学的に統御された健康なサル類の管理システムの構築”. tprc.nibiohn.go.jp. 2020年1月15日閲覧。
  9. ^ a b c 渡邊邦夫 「東南アジアのテンプル・モンキー タイ,インドネシアを中心とした地域における餌付けカニクイザルの個体数変動」『人と自然』第27巻、兵庫県立人と自然の博物館、2016年、53-62頁。
  10. ^ 特定外来生物等一覧特定外来生物一覧(指定時期ごと)カニクイザル環境省 ・2020年7月27日に利用)

関連項目[編集]