カノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カノンあるいはキャノン

Canon, Kanon, Canonical[編集]

Canon英語等)および Kanonドイツ語等)は「棒、定規、基準、規範」等を意味するカノーン古代ギリシア語: κανωνkanōn)を語源とする。楽曲様式のカノン(追複曲)からの連想で、音楽に関係する作品あるいはその登場女性人物の名、または同様モチーフを繰り返す作品の名などに用いられることがある。

キリスト教[編集]

  • 聖書正典 - 聖書における正典。カトリック教会においてはその目録もカノンと呼ぶ。どの文書を正典とするかについては各教派ごとに違いがある。
  • 教会法 - 正教会・カトリック教会などの教派において、公会議教会会議によって受け入れられた基準またその条文(教会会議決定条文)。
  • 規程 - 正教会においてパラクリシス、早課晩堂課に挿入される聖歌・祈祷文。祈祷書には「規程」と記されているが、この漢字表記よりも片仮名による転写で「カノン」と呼ばれる事の方が一般的。クリトのアンドレイダマスコのイオアンがこの作者として有名("The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p110 - p111, ISBN 9780631232032 参照)。
  • 律修司祭 - カトリック教会における司祭の位階。
  • 司教座聖堂参事 - 祭式者会員- カトリック教会において司教座聖堂に所属し、司教の布教活動を補佐する司祭。
  • 修道会士 - カトリック教会において修道会に所属する司祭
  • ミサ典文(: Canon of the Mass, : Canon Missæ) - カトリック教会の典礼用語。ミサにおける、三聖唱から聖変化後の主祷文までの不変部分。
  • 聖人録 - カトリック教会における聖人録。

芸術[編集]

数学[編集]

微分幾何学[編集]

その他の数学[編集]

物理学[編集]

コンピュータ[編集]

  • 正準XML: Cannonical XML
  • 正準形式 (Canonical form)
  • 標準ハフマンコード英語版
  • 標準リンク要素英語版
  • カノニカル・モデル英語版 (Canonical model)
  • CNAMEレコード (Canonical name record, CNAME record)
  • 標準S式 (Canonical S-expressions, S式)
  • Canonical XML
  • MACアドレス (formerly canonical number)

人物[編集]

作品[編集]

企業[編集]

  • Canon - 日本の光学機器メーカー

その他[編集]

Cannon, Kannon[編集]

古典ギリシア語で「、(などの硬く細長い)、またはそれらで造られた製品(敷物など)」を意味するカンナ(κάνναkanna)に中性名詞語尾 -オン古代ギリシア語: -ον-on)を付したもので、「(大小の)細長い筒状のもの」を意味する。

関連項目[編集]

脚注[編集]