カバディ日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カバディ日本代表は、アジア競技大会を始めとする国際大会に出場するカバディ日本代表選手団である。

概要[編集]

主に大正大学の在学生・卒業生を中心として構成されているが近年は、競技が普及し始めこの構成が少しずつ変わりつつある。

アジア競技大会にはカバディが正式種目となった1990年から出場している。2002年には強豪バングラデシュを破りながら、最終戦で格下のマレーシアに敗退し、惜しくもメダルを逃した。2010年に初メダルとなる銅メダルを獲得した。2014年の大会では予選3戦全敗し7位に沈んだ[1]

アジア競技大会の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

歴代選手[編集]

  • 新田晃千
  • 山岸勇大
  • 井藤光圭
  • 松橋耕二
  • 高野一裕
  • 櫛笥亮恵
  • 高橋弘実
  • 長島崇道
  • 下川正將 男子カバディ日本代表現キャプテン
  • 河野貴光[2]
  • 澤津 慎
  • 阿部哲朗

出典[編集]

  1. ^ 競技結果”. 公益財団法人日本オリンピック委員会. 2018年2月18日閲覧。
  2. ^ 河野 貴光”. 公益財団法人日本オリンピック委員会. 2018年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

  • カバディ女子日本代表