カブトガニ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カブトガニ号(井笠鉄道時代)

カブトガニ号(カブトガニごう)は、中国バスが運行する、大阪府大阪市岡山県浅口市浅口郡里庄町笠岡市小田郡矢掛町井原市広島県福山市(神辺地域)を結ぶ高速バス路線。

愛称は、笠岡市に生息するカブトガニから。

全便予約制で、席は自由席(定員制)。ただし当日空席がある場合予約なしでも乗車可。 なお、中国バスへの移管に伴い、井笠鉄道発行の乗車券、回数券等は全て無効となった。

歴史[編集]

運行会社[編集]

中国バス

福山営業所が担当している。

  • 原則として笠岡市からの加工費100万円の負担により、同市在住の漫画家、南一平のデザインによる笠岡市をPRしたイラストをラッピングした専用車両[2]を使用しているが[3]、車検などの代走でびんごライナーなど他路線で使用している汎用の高速車両を使用することがある。
  • 大阪での予約・発券・運行支援業務は近鉄バス布施営業所が担当。

停車停留所[編集]

(停留所 - 停留所)でくくられた中での相互乗降はできない。

運行経路[編集]

  • 大阪市浪速区内(なんば) - 阪神高速道路 - 大阪市北区内(東梅田) - 阪神高速道路 - 中国自動車道 - 山陽自動車道 - 浅口市内 - 里庄町内 - 笠岡市内 - 井原市内 - 福山市(神辺地域)内

途中休憩[編集]

車内設備[編集]

  • 4列シート
  • トイレ

注釈[編集]

  1. ^ 弊社バス事業終了のお知らせ (PDF, 井笠鉄道 2012年10月12日) [リンク切れ]
  2. ^ いずれも、井笠鉄道時代から本路線で使用されていた車両である。
  3. ^ カブトガニバスで大阪へ - 中国新聞2013年8月30日インターネットアーカイブからのキャッシュ。