カミナリの「たくみにまなぶ」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな!〜』(カミナリのたくみにまなぶ そういえばいばらきばっかだな)は、2018年4月6日よりテレビ朝日にて放送されている茨城県インフォマーシャル。略称「カミいば」。

概要[編集]

茨城県鉾田市出身で「いばらき大使」[注 1]も務めるお笑いコンビカミナリ(竹内まなぶ・石田たくみ)が、タイトル通り"茨城の"を目指すべく、月替りで茨城県内の市町村の一つを注目エリアとして訪れ、その市町村の魅力と、旬の話題(観光スポットイベントグルメなど)を紹介、彼らがキャッチコピーを考案、発表する。主にテレビ朝日じゅん散歩[注 2]金曜日)の番組内で放送されており、視聴エリアは関東地方を中心に約1780万世帯に上る[1]。 茨城県には関東広域放送他県のような独立テレビ局も存在せず、全都道府県で唯一地元民放テレビ局が無いため広域局での広報となる。

タイトルの「たくみにまなぶ」は、「学ぶ」と、カミナリの二人(石田たくみ・竹内まなぶ)の氏名をかけ合わせて命名された。

2011年4月22日から7年間にわたって放送された『磯山さやかの旬刊!いばらき[注 1]を引き継ぐ形で、『じゅん散歩』番組終盤にて放送されている。

時間尺は完全版が2分、ダイジェスト版が30秒。冒頭、センター部分に「茨城県」と表示(観光地の映像をバックに表示。完全版、ダイジェスト版共通)、チャイム音とともに本編に入る。なお、本編入り直後にも画面左上に茨城県のロゴを表示している。

進行[編集]

「茨城県」のタイトル表示に続き、映像が切り替わる。直後にカミナリが登場し「たくみに」(石田)「まなぶ!」(竹内)とタイトルコールし(この時にポーズをとり、稲妻マークが2個表示される)、タイトルロゴを下位置に表示してすぐ本編へ入る。なお、映像切り替え時にも黄色の稲妻状の太線(黒の縁取りあり)を挿入する。

ロゴ表示[編集]

画像外部リンク
タイトルロゴ

ロゴのカラーリングは「カミナリのたくみにまなぶ〜そういえば茨城ばっかだな!〜」である。

変更点[編集]

  • 前番組『磯山さやかの旬刊!いばらき』で「茨城県」の隣に表示されていたハッスル黄門[注 3]のイラストがなくなり、県名のみの表示となった[注 4]
  • 冒頭のチャイム音が一新されているほか、ナレーションも女性が担当するようになった。

出演者[編集]

放送時間[編集]

※2018年4月現在

(テレビ朝日を基準とする(関東ローカル)。ただし、茨城県は提供クレジットは表示されずPT扱い)

この他にもBS朝日テレ玉チバテレなどでダイジェスト版(30秒)を放送する場合がある。

なお、テレビ朝日系列の特別編成(年末年始、報道特別番組、スポーツ中継など)のため放送休止となる場合も、別枠での放送となるか、もしくは配信のみ行われる。

また、放送予定は時期の状況等を考慮し、変更される場合もある。

ネット配信[編集]

前番組と同様、地上波放送後に茨城県公式サイトで視聴することができる。週1回、金曜日10:24頃更新。

このほか、茨城県ホームページ内「いばキラTV」および「いばらきインターネット放送局」でも配信を行っている。

放送リスト[編集]

毎月、1か月にわたり同一エリアをテーマとするため、ここでは月単位で扱う。

テーマエリア 備考
2018 4 ひたちなか市 4月27日は『じゅん散歩』が休止[注 6]のため枠外で放送。
5 鉾田市 カミナリの出身地。
6 潮来市
7 大洗町 7月6日は『じゅん散歩』が休止[注 6]のため枠外で放送。
8 つくば市
9 土浦市
10 笠間市
11 常陸太田市
12 大子町
2019 1 東京 有楽町にある茨城県アンテナショップIBARAKI sense」など、東京都内にある茨城関連店舗を紹介。
2 水戸市 水戸の梅まつり」開催にちなむ。ハッスル黄門[注 3]がゲスト出演。
3 古河市 「古賀桃まつり」開催にちなむ。磯山さやか[注 1]がゲスト出演。
4 那珂市

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 前任者の磯山さやか(タレント)も、カミナリと同じ鉾田市出身かつ「いばらき大使」も務める。ただし、磯山は水戸市生まれの合併前の鉾田町育ち、カミナリは合併前の旭村の出身である。なお、磯山は2019年3月放送分(古河市編)にゲスト出演している。
  2. ^ タレント・俳優の高田純次冠番組。高田も茨城県を何回か散歩している。
  3. ^ a b 茨城県のマスコットキャラクターゆるキャラ)。前番組『磯山さやかの旬刊!いばらき』では2016年3月までCGで登場していた。声は鈴木清信が務めていた(後年はナレーションのみ担当)。本番組では2019年2月放送分(水戸市編)にぬいぐるみで初登場している(ただし鈴木によるアテレコはなし。また、カミナリは助さん(たくみ)、格さん(まなぶ)にそれぞれ扮した)。
  4. ^ 県のイメージアップキャンペーンを展開する場合は、そのキャッチコピーに表示を変更する場合もある。
  5. ^ 『じゅん散歩』は名古屋テレビ(メ〜テレ)にもネットされているが、この部分は放送されていない(メ〜テレ側でCM差し替えを行う)。
  6. ^ a b 羽鳥慎一モーニングショー』の緊急枠拡大に伴う。
  7. ^ なお、2016年3月までは金曜日にも放送されていたほか、10月までは10:30まで裏番組だった。

出典[編集]

  1. ^ 「県のTV広報 継続」朝日新聞茨城版、2012年5月1日付