カムイト沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

座標: 北緯45度14分8.3秒 東経142度12分36秒

カムイト沼
Kamuito numa.jpg
朝霧の中のカムイト沼
面積 0.19 km2
周囲長 2.3 km
最大水深 5.2 m
平均水深 3.5 m
貯水量 0.0007 km3
水面の標高 5 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 腐植栄養湖
テンプレートを表示

カムイト沼(カムイトぬま)は北海道宗谷管内猿払村にあるである。浅茅野湿原と呼ばれる地域にあり、北オホーツク道立自然公園に含まれる。名称は、アイヌ語のカムイ(神)ト(沼)による。北オホーツクの海岸に近く、夏、朝霧に包まれることもある。

地理[編集]

  • 河川 : 猿払川水系

自然[編集]

カムイト沼周辺の空中写真。1977年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

猿払川の下流域にあり、日本の重要湿地500のひとつ猿払原野に含まれる。タテヤママリモが生息していることで知られ、魚類ではイトウが生息する。

周辺は北オホーツク道立自然公園に指定される湿地帯。沼の周囲はハンノキトドマツの林となっているほか、多様な水生植物群落を有す。付近にはヒオウギアヤメゴゼンタチバナなどの高山性植物が群落をなしている。

利用[編集]

湖畔付近は、看板、駐車場があるほかは大規模な整備はされておらず、静謐である。旧国鉄天北線の線路跡が北オホーツクサイクリングロードとして整備されており、猿払もしくは浜頓別方面から自転車でアクセス可能である。宗谷バス浅茅野停留所が最寄である。

関連項目[編集]