カムペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

カムペー(CampeまたはKampê)とは、ギリシア神話に登場する女の怪物である[1]。かつてタルタロスにはヘカトンケイル族やキュクロープス族が幽閉されており、カムペーはその番人をしていた[1][2]ゼウスティーターノマキアー(ティーターン戦争)の時この2巨人族を味方につけるためにカムペーを殺し、2巨人族を解放した[1]。また、ディオニューソスがカムペーを退治したという異伝もある[3]。カムペーの姿に関しては、上半身は人間の女で、下半身はざらざらした鱗で覆われた海の生物で、長くて先の曲がった爪を持ち、頭上では猛毒の蛇が動き回り、背中には毒針を持った蠍がいたといわれている[3]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店、1960年2月。ISBN 4-00-080013-2。
  • フェリックス・ギラン『ギリシア神話』中島健訳、青土社、1991年8月、新装版。ISBN 978-4-7917-5144-0。
  • ジャン=クロード・ベルフィオール『ラルース ギリシア・ローマ神話大事典』大修館書店、2020年7月。ISBN 978-4-469-01289-7。