カメイ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg カメイ美術館
Museum of Kamei Collection
Museum of Kamei Collection.jpg
施設情報
愛称 ギャラリーkupukupu
専門分野 こけし絵画彫刻
館長 亀井文行[1]
管理運営 公益財団法人カメイ社会教育振興財団
開館 1994年9月7日
所在地 980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1−1-23
位置 北緯38度15分16.98秒 東経140度52分52.7秒 / 北緯38.2547167度 東経140.881306度 / 38.2547167; 140.881306座標: 北緯38度15分16.98秒 東経140度52分52.7秒 / 北緯38.2547167度 東経140.881306度 / 38.2547167; 140.881306
アクセス 仙台市地下鉄南北線五橋駅から徒歩約3分
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

カメイ美術館(カメイびじゅつかん)とは宮城県仙台市青葉区五橋に所在する展示施設。愛称はギャラリーkupukupu[2]。旧名称は「カメイ記念展示館」。

概要[編集]

カメイ美術館が入居するカメイ五橋ビル

仙台を拠点とする総合商社カメイの創業90周年を記念して設立された財団法人カメイ社会教育振興財団の事業の一環として、生涯学習社会教育の振興を目的に1994年9月7日にカメイ五橋ビルの6階と7階部分にカメイ記念展示館を開館した。主な展示物はカメイから寄贈・寄託された絵画彫刻作品の他に、前カメイ会長でカメイ社会教育振興財団理事長の亀井文蔵[3]コレクションや、前カメイ社長でカメイ社会教育振興財団理事の亀井昭伍[3]こけしコレクションの一部が展示されている。

2011年11月にカメイ美術館に名称を変更した。

展示物[編集]

[編集]

16万頭を超える亀井文蔵のコレクションの内、約4000種14000頭が展示されており、標本が世界で3頭しか存在しないメスのアロッティトリバネアゲハも日本で唯一収蔵・展示されている[4][5]。蝶の標本の他にも甲虫類の標本1300頭や、100種類以上の蝶のを使用して作られた「宇宙賛歌」が展示されている。

こけし[編集]

亀井昭伍が戦前の有名工人の古作こけしを中心に収集したこけしコレクションの一部が展示されている他、こけしの絵付け体験が催されている[6]

絵画・彫刻[編集]

カメイが収集し社長室などに展示されていた絵画や彫刻作品が寄贈・寄託され展示されている。浅井忠安井曾太郎藤田嗣治といった日本の近現代具象絵画を中心に、洋画日本画水墨画、彫刻などが展示されている[6]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 館名と館長変更のお知らせ”. カメイ美術館. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ インドネシア語の意味。
  3. ^ a b カメイ社長 亀井文行【新社長 過去データ】(起業家人物辞典)
  4. ^ アロッティトリバネアゲハ Ornithoptera allottei(カメイ記念展示館)
  5. ^ カメイ記念展示館の他にはイギリス大英博物館に2頭収蔵されている。
  6. ^ a b カここでしか出会えない芸術がある。その神秘的な美しさに、圧倒的な存在感に、感動。(KNOW web magazine)