カヤナルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カヤナルミ(賀夜奈流美命)とは、『延喜式』「祝詞式」にある『出雲国造神賀詞』に登場する。 神賀詞では賀夜奈流美、飛鳥坐神社・加夜奈留美命神社では加夜奈留美とされている女。ただし男神とする説もある。

概要[編集]

『出雲国造神賀詞』には「賀夜奈流美命乃御魂乎飛鳥乃神奈備尓坐天皇孫命能近守神登貢置天」とあり、「大物主櫛長瓦玉命」、「阿遅須伎高孫根命」(アヂスキタカヒコネ)、事代主とともに皇室を守護する神として述べられている。『延喜式交替式』、『類聚三代格』には「賀屋鳴比女」とある。

古事記』、『日本書紀』にその名がないため、その出自は明らかではないが、『古事記』の大国主の系図に登場する鳥鳴海神(トリナルミ)や布忍富鳥鳴海神(ヌノシトミトリナルミ)(どちらも男神)との関連が考えられる。なお名義は未詳であるが、奈流美と同音の鳴海は鳴り響く海の意とする説がある[1]

日本三代実録』によると貞観元年(859年)正月二七日大和国の賀夜奈流美神を従五位下から正四位下にしたとある。

系譜[編集]

須佐神社社家である須佐氏の系譜では、大国主神の御子神の一柱に賀夜奈流美命の名が見え、子に国忍富命、孫に雲山命と続き、さらにその子孫が須佐氏になる。

母神は不明。

祀る神社[編集]

  • 飛鳥坐神社 - 祭神 加夜奈留美
  • 飛鳥神社 - 祭神 事代主神、加夜奈留美命、宇須多岐比女命、不足留比女命、菅原道真
  • 加夜奈留美命神社 - 祭神 加夜奈留美
  • 大行事社(大神神社の末社) - 祭神 加屋奈流美神、事代主神、八尋鰐
    由緒は不明。ただし『日本書紀』第6の一書には「事代主神化爲八尋熊鰐 通三嶋溝樴姫 或云 玉櫛姫 而生兒姫蹈鞴五十鈴姫命 是爲神日本磐余彦火火出見天皇之后也」、『旧事本紀』では「都味歯八重事代主神 化爲八尋熊鰐通三嶋溝杭女活玉依姫 生一男一女(略)」とあり事代主神が八尋鰐と化したことの記述がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記 神名釈義