カラケネ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カラケネ王国の版図(紀元前51年)

カラケネ王国(Characene)とは、紀元前129年アラブ人ヒスパネシオス英語版バビロニアに作った王国。甘英が通った、條支国と同一という説がある。首都はカラクス・スパシヌ英語版

ヒスパネシオスは元来セレウコス朝によって任命されたカラケネの総督(サトラップ)であった。バビロニアは紀元前139年頃にはパルティアの支配下に入ったが、セレウコス朝は失地回復を目指してパルティアと戦いを繰り広げた。

この戦いは最終的にパルティアの勝利に終わったが、紀元前128年頃、パルティアに侵入したサカ族によってパルティア王フラーテス2世が殺され、パルティアの政局が混乱し、パルティアのバビロニア総督ヒメロスドイツ語版がバビロニアでの独立勢力の確立を目指すなどし、パルティアの影響力が大幅に低下した。

この機に乗じてヒスパネシオスは影響力を拡大し、ヒメロスと戦ってこれを破り一時セレウキアを占拠するなどして王を名乗り、カラケネ王国を築いた。その後ヒメロスの巻き返しがあったが、間もなく勢力を回復したパルティアが再びバビロニアに影響力を行使するようになると、ヒメロスは排除された。カラケネ王国もパルティアに対抗する実力は無く、その後パルティア内の半独立国として存続した。

しかし、パルティアがサーサーン朝によって打倒されると、カラケネ王国もその影響下に入った。サーサーン朝は中央集権的な国家体制を築き上げていき、やがてカラケネ王国も消滅した。

関連項目[編集]