カラライナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カラライナ
GIWinnerCuralina.jpg
2016年シュヴィーハンデキャップ出走時
欧字表記 Curalina[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 2012年5月5日(7歳)[1]
Curlin[1]
Whatdreamsrmadeof[1]
母の父 Graeme Hall[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 CASA Farms I LLC[1]
馬主 Eclipse Thoroughbred Partners[1]
調教師 トッド・プレッチャーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競走成績
生涯成績 13戦6勝[1]
獲得賞金 $1,535,940[2]
 
勝ち鞍
GI エイコーンステークス 2015年
GI CCAオークス 2015年
GI ラトロワンヌステークス 2016年
テンプレートを表示

カラライナ (Curalina[1]) はアメリカ合衆国生産の競走馬繁殖牝馬。主な勝ち鞍は2015年エイコーンステークス(G1)、CCAオークス(G1)、2016年ラトロワンヌステークス(G1)。

現役時代[編集]

2012年5月5日に誕生。2013年9月のキーンランド1歳馬セールにて12万5000ドルで購買された[3]

2014年7月にデビュー。休養を挟んで2015年3月の2戦目で勝ち上がると、そこから3連勝でエイコーンステークスを制してG1初制覇[2]。さらに、次戦のCCAオークスでも2位入選ながらアイムアチャッターボックス(I'm A Chatterbox)の降着による繰上で1着となり、G1を2連勝とした。秋のブリーダーズカップ・ディスタフではクビ差2着のステラーウインドからさらに3馬身半離れた3着だった。この年のエクリプス賞最優秀3歳牝馬はG1を1勝のみのステラーウインドが選出されるほどの混戦だったが、カラライナはG1複数勝ちを収めながらそのうち1つが繰上優勝であること、ブリーダーズカップ・ディスタフで同期のステラーウインドに差をつけられたことが響き[4]、得票数は僅か11票(6位)に留まった[5]

2015年ラトロワンヌステークスを制してG1・3勝目を挙げている。その他、不良馬場で行われたシュヴィーハンデキャップでは9馬身1/4差の圧勝で卓越したスピードを示した[6]。同年のブリーダーズカップ・ディスタフ6着を最後に現役を引退した[2]

競走成績[編集]

以下の内容は、Equibase[2]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2014.07.27 サラトガ 未勝利 6f 2着 J.ロサリオ 1馬身1/4 High Dollar Woman
2015.03.28 ガルフストリームパーク 未勝利 ダ7f 1着 J.ヴェラスケス 1馬身 (Eastern Rose)
0000.05.01 チャーチルダウンズ アローワンス・オプショナルクレーミング ダ8.5f 1着 J.ヴェラスケス 8馬身1/4 (Purr)
0000.06.06 ベルモントパーク エイコーンステークス G1 ダ8f 1着 J.ヴェラスケス クビ (By the Moon)
0000.07.26 サラトガ CCAオークス G1 ダ9f 1着 J.ヴェラスケス 2位入選繰上 (I'm a Chatterbox)
0000.08.22 サラトガ アラバマステークス G1 ダ10f 3着 J.ヴェラスケス 4馬身3/4 Embellish the Lace
0000.09.26 ベルモントパーク ベルデイムステークス G1 ダ9f 2着 J.ヴェラスケス 4馬身3/4 Wedding Toast
0000.10.30 キーンランド BCディスタフ G1 ダ9f 3着 J.ヴェラスケス 3馬身3/4 Stopchargingmaria
2016.05.06 チャーチルダウンズ ラトロワンヌステークス G1 ダ8.5f 1着 J.ヴェラスケス 7馬身1/2 (Engaginglee)
0000.06.11 ベルモントパーク オグデンフィップスステークス G1 ダ8.5f 4着 J.ヴェラスケス 3馬身3/4 Cavorting
0000.07.31 サラトガ シュヴィーハンデキャップ G3 ダ9f 1着 J.ヴェラスケス 9馬身1/4 (Carrumba)
0000.08.27 サラトガ パーソナルエンスンハンデキャップ G1 ダ9f 2着 J.ヴェラスケス 1/2馬身 Cavorting
0000.11.04 サンタアニタ BCディスタフ G1 ダ9f 6着 J.ヴェラスケス 12馬身 Beholder

繁殖牝馬時代[編集]

ラストランの直後にファシグティプトン・ノベンバーセールに上場され、社台ファームによって300万ドル(当時のレートで約3億1500万円[注 1])で落札され、日本に輸入された[3]

2018年に誕生した初仔の牡馬(父ディープインパクト)は生後直死となっている[7]

血統表[編集]

カラライナ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Curlin
2004 栗毛
父の父
Smart Strike
1992 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Classy 'n Smart Smarten
No Class
父の母
Sherriff's Deputy
1994 鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Barbarika Bates Motel
War Exchange

Whatdreamsrmadeof
2004 栗毛
Graeme Hall
1997 栗毛
*デヒア Deputy Minister
Sister Dot
Win Crafty Lady Crafty Prospector
Honeytab
母の母
Eastern Ruckus
1996 鹿毛
Eastern Echo Damascus
Wild Applause
Andrea Ruckus Bold Ruckus
Do's Melody
母系(F-No.) 3号族(FN:3-g) [§ 3]
5代内の近親交配 Deputy Minister3×4=18.75%、Mr. Prospector3×5=15.68%、Northern Dancer5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ カラライナ(USA) 5代血統表. 2019年2月15日閲覧
  2. ^ カラライナ(USA) 5代血統表. 2019年2月15日閲覧
  3. ^ カラライナ(USA) 5代血統表. 2019年2月15日閲覧
  4. ^ カラライナ(USA) 5代血統表. 2019年2月15日閲覧


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の為替相場は三菱UFJリサーチ&コンサルティングのホームページを参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Curalina | Race Record & Form. Racing Post. 2019年2月15日閲覧
  2. ^ a b c d Horse Profile for Curalina. Equibase. 2019年2月15日閲覧
  3. ^ a b Stellar Wind in Ireland, to be Bred to Galileo. Bloodhorse(November 7, 2016). 2019年2月16日閲覧
  4. ^ Lenny Shulman. Fresher Curalina Tackles Distaff Again. Bloodhorse(November 3, 2016). 2019年2月16日閲覧
  5. ^ Evan Hammonds. Eclipse Nod to Stellar Wind as Top 3YO Female. Bloodhorse(January 16, 2016). 2019年2月16日閲覧
  6. ^ Curalina Dominates Shuvee In The Slop. Paulick Report(July 31, 2016). 2019年2月16日閲覧
  7. ^ 血統書データベースサービス. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年2月15日閲覧