カラ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
地図

カラ海(Kara、ロシア語: Ка́рское мо́ре)とはロシア北部に接する北極海の一部で、ノヴァヤゼムリャセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島の間の海。カラ海の西はバレンツ海、東はラプテフ海に繋がっている。面積はおよそ880 000 km2。深さは平均110 m。オビ川エニセイ川、ピャシナ川、タイミール川などが注ぎ込んでいる。主要な港はディクソン、ノヴイポルト。一年のうち夏の2ヶ月以外は氷に閉ざされる。

放射性廃棄物の海洋投棄[編集]

ソ連は1960年代から80年代にノヴァヤゼムリャ島近海5ヵ所で原潜を含む原子炉を廃棄した。1993年にロシアが報告した白書(White Book)によると、廃棄された放射性物質には使用済み核燃料を含まない原子炉10基、使用済み核燃料を含む原子炉7基(内1基は使用済み核燃料をコンクリート詰めにしたもの)などが含まれており、投棄時の放射能は88.8x1015ベクレルと推定された。国際原子力機関による1993〜96年の調査(International Arctic Seas Assessment Project (IASAP))では、調査時点での放射能を4.732x1015ベクレルと推定しており、投棄時の放射能を37.0x1015ベクレルと見積もった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 国際原子力機関IAEA-TECDOC-1105 “Inventory of radioactive waste disposals at sea” (August 1999)閲覧2011-11-27