カリアン・サムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • カリアン・サムズ
カリアン・サムス
Kalian Sams
サセックスカウンティー・マイナーズ
Kalian Sams.jpg
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 南ホラント州ハーグ
生年月日 (1986-08-25) 1986年8月25日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
248 lb =約112.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ代表
WBC 2013年2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
IBAFワールドカップ
2011 野球
ヨーロッパ野球選手権大会
2014 野球
2016 野球
フランス国際野球大会
2014 野球
2016 野球

カリアン・リバリーノ・サムスKalian Rivalino Sams , 1986年8月25日 - )は、オランダ王国南ホラント州ハーグ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。カナディアン・アメリカン・リーグサセックスカウンティー・マイナーズ英語版所属。

経歴[編集]

2005年オランダ国内リーグであるフーフトクラッセのヒポテークゼカー・トーナドスに所属した[1]

2006年は同リーグのADOレイカーズに所属した[1]7月2日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ。11月に台湾で開催された第16回IBAFインターコンチネンタルカップオランダ代表に選出された。同大会では銅メダルを獲得している。

2007年は開幕を傘下Aのウィスコンシン・ティンバーラトラーズで迎えた。同チームでは48試合に出場し、打率205、4本塁打、8打点、32安打、1盗塁を記録した[1]。その後、傘下ショートシーズンAのエバレット・アクアソックスでプレーした。同チームでは56試合に出場し、打率225、7本塁打、22打点、43安打、9盗塁を記録した[1]

2008年は傘下ルーキーリーグのプラスキ・マリナーズでプレーした。32試合に出場し、打率204、10本塁打、20打点、22安打、1盗塁を記録した[1]

2009年は開幕を傘下Aのクリントン・ランバーキングスで迎えた。同チームでは16試合に出場し、打率161、1本塁打、6打点、9安打を記録した[1]。その後、傘下ショートシーズンAのエバレットでプレーした。同チームでは4試合に出場し、打率375、3本塁打、6打点、6安打、2盗塁を記録した[1]

2010年も昨年同様に傘下Aのクリントンと傘下ショートシーズンAのエバレットでプレーした。2チーム合計で、105試合に出場し、打率183、20本塁打、58打点、64安打、6盗塁を記録した[1]

2011年は開幕を傘下アドバンスAのハイデザート・マーベリックスで迎えた。同チームでは20試合に出場し、打率200、6本塁打、10打点、12安打、1盗塁を記録した[1]。その後、傘下Aのクリントンでプレーした。同チームでは93試合に出場し、打率237、18本塁打、56打点、76安打、25盗塁を記録した[1]。オフの9月20日に第39回IBAFワールドカップオランダ代表に選出された[2]。同大会ではヨーロッパの国としては1938年大会のイギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[3]、サムスにも贈られた。

2012年は傘下AAのジャクソン・ジェネラルズで開幕を迎えた。76試合に出場し、打率242ながら11本塁打、13盗塁(失敗0)を記録しているように、一定のパワーとスピードを兼ね備えている[1]

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)オランダ代表に選出された[4]キューバとの敗者復活戦ではサヨナラ犠飛を放ちチームを初の決勝トーナメント進出に導いた。シーズンでは4月23日に解雇された。5月5日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。契約後は傘下AA級のサンアントニオ・ミッションズへ異動した。同チームでは26試合に出場し、打率 250、10本塁打、27打点、20安打、4盗塁を記録した[1]6月8日に傘下AAAのツーソン・パドレス(現:エル・パソ・チワワズ)に昇格した。同チームでは24試合に出場し、打率160、1本塁打、3打点、8安打を記録した[1]7月20日に解雇された。8月3日アトランティックリーグカムデン・リバーシャークスと契約を結んだ。同チームでは5試合に出場し、打率667、3本塁打、9打点、10安打、2盗塁を記録した[1]8月10日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。契約後は、傘下AAのフリスコ・ラフライダーズへ異動した。同チームでは20試合に出場し、打率286、4本塁打、10打点、22安打を記録した[1]。オフの11月23日にレンジャーズとマイナー契約で再契約した。また、メキシコウィンターリーグであるリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコに参加しアルゴドネロス・デ・グアサベでプレーした。ここでは、22試合に出場し、打率192、4本塁打、13打点、15安打を記録した[1]

2014年3月23日に解雇され、アトランティックリーグのカムデン・リバーシャークスに復帰した。同チームでは16試合に出場し、打率232、2本塁打、6打点、13安打、1盗塁を記録した[1]。シーズン途中に退団し、台湾のセミプロリーグのポップコーンリーグ中国語版トプコ・ファルコンズ中国語版に入団する事になった。ポジションも内野手に転向した。9月2日に第1回フランス国際野球大会オランダ代表に選出された[5]。同大会でオランダ代表は初代優勝国となった[6]。フランス国際野球大会終了後の12日に第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された[7]。同大会ではオランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[8]。11月28日にキュラソー・ネプチューンズに加入した[9]

2015年2月17日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表に選出された[10][11]。3月10日の第1戦に「5番 左翼手」で先発出場した[12]。3月11日の第2戦には「4番 左翼手」で先発出場した[13]。4月13日に第15回ワールドポート・トーナメントと第1回WBSCプレミア12のオランダ代表予備ロースターに選出された[14]

2015年4月24日に独立リーグであるカナディアン・アメリカン・リーグケベック・キャピタルズと契約を結んだ[15][16]。オフの10月12日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表候補選手36名に選出され[17]、10月20日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表選手28名に選出された[18]

2016年2月24日にメキシカンリーグシウダーデルカルメン・ドルフィンズと契約する。開幕前の1月18日にキューバ代表との強化試合のオランダ代表に選出された[19]が、同試合は雨天中止となった[20]。シーズンでは7試合の出場に終わり、5月4日に解雇となる。その後はキャピタルズに復帰。8月25日に第2回フランス国際野球大会オランダ代表に選出された[21]。9月7日に第34回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表に選出された[22]。ヨーロッパ野球選手権大会決勝は息子が誕生するのを見届けてから、途中参加となり、この試合でオランダはスペインに延長戦の末に勝利し、自国の優勝記録を更新し、2大会連続22度目の優勝を果たした[23]。10月18日に日本代表との強化試合のオランダ代表に選出された[24]

2017年開幕前の2月7日に同年のアメリカ遠征のオランダ代表に選出された[25]2月9日第4回WBCオランダ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[26]。4月6日にキャピタルズと再契約を結んだ[27]。オフの10月13日にイタリア代表との親善試合である「ヨーロピアン・ベースボール・シリーズ」のオランダ代表に選出された[28]

2018年もキャピタルズでプレー。

2019年は独立リーグ・アトランティックリーグのハイポイント・ロッカーズ英語版と契約したが、7月13日にカナディアン・アメリカン・リーグのサセックスカウンティー・マイナーズ英語版に移籍。

選手としての特徴[編集]

オランダ代表の一員として、主要な国際大会に出場している。マイナーリーグではほぼ両翼しか守っていないが、代表では中堅を守ることもある。

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Kalian Sams Minor League Statistics & History Baseball-Reference.com
  2. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  3. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  4. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年2月27日閲覧 [リンク切れ]
  5. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2014年9月2日) 2015年3月20日閲覧
  6. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB (オランダ語) (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  7. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site (オランダ語) (2014年9月11日) 2015年3月20日閲覧
  8. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト (英語) (2014年9月21日) 2015年3月20日閲覧
  9. ^ Kalian Sams genomineerd voor sportman van het jaar DOOR Neptunus official site (オランダ語) (2014年11月28日) 2015年2月19日閲覧
  10. ^ 欧州代表が選手発表!NPB所属の2選手も招集 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  11. ^ Europe vs Japan Rosters Announced; Asics Sponsors Europe as Official Outfitter CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  12. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 2015年3月10日(火) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月10日) 2016年3月10日閲覧
  13. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧
  14. ^ Leonora in voorselectie van Oranje KNBSB (オランダ語) (2015年4月13日) 2015年4月26日閲覧
  15. ^ UN ORANJE À QUÉBEC! ケベック・キャピタルズ公式サイト (フランス語) (2015年4月24日) 2015年4月26日閲覧
  16. ^ [1] capitalesquebec instagram (2015年4月24日) 2015年4月25日閲覧
  17. ^ Bernadina en Jones in selectie voor Premier 12 de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2015年10月12日) 2015年10月20日閲覧
  18. ^ Definitieve selectie Kingdom of the Netherlands voor de Premier12 KNBSB (オランダ語) (2015年10月20日) 2015年10月20日閲覧
  19. ^ Team Kingdom als onderdeel van handelsmissie naar Cuba KNBSB - Koninklijke Nederlandse Baseball en Softball Bond (オランダ語) (2016年1月8日) 2016年10月8日閲覧
  20. ^ Game cancelled, but mission accomplished in Havana Mister Baseball (英語) (2016年1月16日) 2016年10月8日閲覧
  21. ^ Rob Cordemans met Koninkrijksteam naar Sénart Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年11月8日閲覧
  22. ^ Bernadina voor EK terug in nationale ploeg Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年9月2日閲覧
  23. ^ Netherlands win European Championship 2016 The official site of Confederation of European Baseball (英語) (2016年9月18日) 2016年11月8日閲覧
  24. ^ [2] KNBSB Nieuws - Facebook (2016年10月18日) 2016年11月8日閲覧
  25. ^ Selectie Koninkrijksteam voor trainingskamp Arizona Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月7日) 2017年3月7日閲覧
  26. ^ Tien hoofdklassers in definitieve WBC-selectie Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月9日) 2017年3月3日閲覧
  27. ^ KALIAN SAMS COMPLÈTE LE CHAMP EXTÉRIEUR! Capitales de Québec - Plus que du baseball (フランス語) (2017年4月6日) 2017年5月1日
  28. ^ Opnieuw verschillende debutanten in Koninkrijksteam Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年10月13日) 2017年10月22日閲覧