カリス・デイビッドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg カリス・デイビッドソン Golf pictogram.svg
Karis Davidson
基本情報
名前 カリス・デイビッドソン
生年月日 (1998-07-07) 1998年7月7日(21歳)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
体重 58 kg (128 lb)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 オーストラリアクイーンズランド州
経歴
プロ転向 2017年
LPGA入会2018年
LPGA90期
成績
賞金ランク最高位 40位(2018年)
2019年5月17日現在
テンプレートを表示

カリス・デイビッドソン[1](Karis Davidson、1998年7月7日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州出身の女子プロゴルファーである。

経歴[編集]

出生地はスコットランドメルローズ[2]、4歳からゴルフを始める[1]

9歳のときに家族と共にオーストラリアのゴールドコーストに移り住んだ[3]

アマチュア時代からALPGツアー(オーストラリア)に出場経験があり、最高位は2017年2月の「RACV Gold Coast Challenge」の9位タイ[4]

2017年に日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ファイナルクォリファイングトーナメントに進出し11位[5]、同年プロ転向[2]

2018年2月にプロとして出場したALPGツアーの「Oates Vic Open」で2位となる[6]

同年TP単年登録者としてLPGAツアーに参戦[7]、最終的に同ツアー30試合に出場、年間獲得賞金ランキング40位で初のシード入り。

LPGA会員制度改正に伴い「2018年シード獲得」の資格で同会入会を申請し、同時期に申請したフェービー・ヤオペ・ヒギョンユン・チェヨンジョン・ジェウン権藤可恋と共にLPGA90期生(インターナショナルプロフェッショナル会員[1])となる[8]

同年12月19日に発表されたLPGAアワードにおいて「敢闘賞」を受賞した[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c カリス・デイビッドソン プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月17日閲覧。
  2. ^ a b Karis Davidson” (英語). ALPG. 2019年5月17日閲覧。
  3. ^ 豪州から来た19歳ルーキー カリス・デイビッドソンって?”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2018年3月11日). 2019年5月17日閲覧。
  4. ^ RACV Gold Coast Challenge 2017” (英語). ALPG (2017年2月4日). 2019年5月17日閲覧。
  5. ^ 【2017】ファイナルクォリファイングトーナメント フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年12月1日). 2019年5月17日閲覧。
  6. ^ Oates Vic Open 2018” (英語). ALPG (2018年2月4日). 2019年5月19日閲覧。
  7. ^ 変わる日本女子プロゴルフ TP単年登録者はどうする”. SPAIA (2018年6月6日). 2019年5月17日閲覧。
  8. ^ LPGA入会式が開催 日本勢初の新制度入会の権藤可恋は「色々な意味でスタート」”. ALBA.Net (2018年12月4日). 2019年5月17日閲覧。
  9. ^ LPGAアワード2018”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年12月19日). 2019年5月17日閲覧。

カリス・デイビッドソン日本女子プロゴルフ協会のプロフィール)

Karis Davidson|ALPG(英語)