カリス・レヴァート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カリス・レヴァート
Caris LeVert
20140102 Caris LeVert.JPG
ミシガン大学時代のレヴァート (右)
ブルックリン・ネッツ  No.22
ポジション SG/SF
背番号 22
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 97kg (214 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Caris Coleman LeVert
ラテン文字 Caris LeVert
誕生日 (1994-08-25) 1994年8月25日(22歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州の旗オハイオ州コロンバス
出身 ミシガン大学
ドラフト 2016年 20位 
選手経歴
2016- ブルックリン・ネッツ

カリス・レヴァート (Caris Coleman LeVert 1994年8月25日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州コロンバス出身のプロバスケットボール選手。NBAブルックリン・ネッツに所属している。

来歴[編集]

カレッジ[編集]

高校時代はオハイオ州の最優秀選手になり[1]ミシガン大学入学後はティム・ハーダウェイトレイ・バークニック・スタウスカスら実力者がひしめく中で2年次にスターターに定着し、平均12.9得点 4.3リバウンド 2.9アシストを記録しオールBig Tenセカンドチームに選ばれた[2]。2年次の2014年5月に疲労骨折により負傷していた左足を手術をした[3]。3年次は開幕から順調に成績を伸ばしていったが2015年1月に再び左足を手術[4]し、同年のドラフトのエントリーを回避することを表明した[5]。4年次は怪我の影響もあり出場試合数は増えない中、2016年3月に三度左足を手術し[6]残りのシーズンを全休した。

ブルックリン・ネッツ[編集]

2016年のNBAドラフトインディアナ・ペイサーズに1巡目20位で指名され、7月7日にサデウス・ヤングと将来の2巡目指名権と自身を含んだトレードでブルックリン・ネッツへ移動[7]し、7月14日正式に契約を結んだ[8]

ルーキーシーズンは痛めていた左足のリハビリに専念し、12月7日デンバー・ナゲッツ戦でデビューした[9]。 4月6日のオーランド・マジック戦でキャリアハイの20得点をマークした[10]。少ない出場時間ながらNBAオールルーキーチーム投票では12位となった[11]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 ネッツ 57 26 21.7 .450 .321 .720 3.3 1.9 .9 .1 8.2
Career 57 26 21.7 .450 .321 .720 3.3 1.9 .9 .1 8.2


脚注[編集]

[ヘルプ]