カリフォルニア・クライシス 追撃の銃火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カリフォルニア・クライシス 追撃の銃火
OVA
監督 西久保瑞穂
キャラクターデザイン 奥田万つ里
アニメーション制作 ヒロメディア
スタジオ・ユニコーン
発売日 1986年7月21日
話数 全1話(45分)
テンプレート - ノート

カリフォルニア・クライシス 追撃の銃火』(カリフォルニア・クライシス ついげきのひばな)は、1986年7月21日に松竹CBS/FOXビデオより発売されたOVA。キャッチコピーは、「いま、アニメ・シーンに新しい風!!」。

日本における普通のセルアニメとは異なり、人物の色や影の指定に用いる色トレスを実線トレスで行うなど、メリハリの強い画面作りが行われている。

ストーリー[編集]

サンディエゴで暮らす青年ノエラは、仕事のために愛車に乗り込み、ロサンゼルスに向かっていた。その途中、トレーラーと軍用車の銃撃戦に遭遇したノエラは、「面倒事に巻き込まれるのは御免だ」と同じくその場に居合わせた少女マーシャと共に逃げ出す。

ノエラとマーシャは無事に逃げることに成功するが、マーシャがトレーラーから謎の球体を持ち出していたことから、そのまま軍に追われることになってしまう。2人が触れると、その球体はデスヴァレーの光景を映し出す。実は、その球体は前日に空から落ちて来たUFOから発見された「スペース・マインド」と呼ばれるものであり、アメリカ・ソ連の両国が狙っている重要機密だったのである。事態の大きさを理解して焦るノエラを尻目に、「UFOを見つけてビッグになる」と意気込むマーシャは嫌がるノエラを言い包め、軍の追跡を振り切りつつ一路デスヴァレーへ向かう。

登場人物[編集]

ノエラ
サンディエゴで暮らす青年。独身貴族。ハイスクール時代は「サンディエゴ一」と呼ばれたバスケット・チームのメンバーだった。
ロサンゼルスに向かう途中で、「スペース・マインド」を巡る騒動に巻き込まれてしまう。消極的な性格で騒動に関わることを嫌がり、一旦はマーシャを突き放すが、2人とも軍に命を狙われていることを知り、観念して共にデスヴァレーに向かう。
マーシャ
サンディエゴで暮らす少女。猫のフニャ[1]と一緒に生活している。
「アメリカン・ドリーム」を夢見てロサンゼルスに向かう途中で、「スペース・マインド」を巡る騒動に巻き込まれてしまう。好奇心が強く、ノエラを言い包めて共にデスヴァレーに向かう。
ジャック・ヴァロー
アメリカ空軍軍曹。ハイスクール時代のノエラの親友で、クラス一の秀才だった。
カイン大佐の命令で「スペース・マインド」の回収を図る。親友想いの性格をしているが、任務に私情を挟むことはせず、ノエラとマーシャの命を狙う。
カイン
アメリカ空軍大佐。宇宙軍の創設に尽力した人物だが、現在はエドワーズ空軍基地に左遷されている。
ソ連よりも先に「スペース・マインド」を手に入れようとしており、秘密を知ったノエラとマーシャの命を狙う。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 総合プロデューサー - 芝崎寛政
  • プロデューサー - 栃平吉和
  • 監督、脚本 - 西久保瑞穂
  • キャラクターデザイン、作画監督 - 奥田万つ里
  • 美術監督 - 新井寅雄
  • 美術助手 - 山本順子
  • 色彩設定 - 佐藤久美子
  • 撮影監督 - 池上元秋
  • 編集 - 森田清次、坂本雅紀、森田編集室
  • 音響監督 - 松浦典良
  • 音楽 - 栗原正己
  • 特殊効果 - 阿部郷
  • 効果 - 伊藤克己今野康之
  • 録音 - 大塚晴寿
  • 音響助手 - 渡辺淳
  • 主題歌、挿入歌 - 美穂「CALIFORNIA CRISIS」「NEXT MOVE」「HEARTBEAT」「STREETS ARE HOT」「EYES」[2]
  • 企画、制作 - ヒロメディア、スタジオ・ユニコーン

注釈[編集]

  1. ^ allcinemaでは「ピコ」と表記。
  2. ^ CHOCOLATE LIPS唯一のアルバムが初CD化!解説は金澤寿和 - TOWER RECORDS ONLINE