カリル・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg カリル・ベル American football pictogram.svg
Kahlil Bell
Kahlil Bell.JPG
基本情報
ポジション ランニングバック
生年月日 (1986-12-10) 1986年12月10日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタローザ
身長 5' 11" =約180.3cm
体重 219 lb =約99.3kg
経歴
大学 UCLA
ドラフト外 2009年
初出場年 2009年
初出場チーム シカゴ・ベアーズ
所属歴

* オフシーズンまたはプラクティススクワッドとしての所属のみ
受賞歴・記録
NFL 通算成績
ラン獲得ヤード 633ヤード
平均獲得ヤード 4.3ヤード
TDラン 0回
レシーブ 22回
レシーブ獲得ヤード 150ヤード
TDレシーブ 1回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

カリル・ベル(Kahlil Bell 1986年12月10日- )はカリフォルニア州サンタローザ出身の元アメリカンフットボール選手。NFLシカゴ・ベアーズニューヨーク・ジェッツグリーンベイ・パッカーズに所属していた。現役時代のポジションはランニングバック

経歴[編集]

高校時代はランニングバック及びディフェンシブバックとしてプレーした。UCLAに入学、2005年には、第3テイルバック及びリターナーを務めた。2006年には、足首の怪我のため、7試合の出場にとどまった。2007年には、わずか8試合の出場ながら、142回のキャリーでチームトップの795ヤード(平均5.6ヤード)、5TDをあげた。この年のスタンフォード大学戦では195ヤードを走った。2008年には先発9試合を含む10試合に出場、7TDをあげた[1]

2009年4月27日、ドラフト外フリーエージェントでミネソタ・バイキングスと契約したが、8月16日にウェーバーされた[2]。同年9月16日、シカゴ・ベアーズとプラクティス・スクワッドとして契約、11月20日に故障者リスト入りするギャレット・ウルフと入れ替えで、アクティブロースター入りした。11月22日のフィラデルフィア・イーグルスとのサンデーナイトフットボールでNFLデビュー、その試合の最初のキャリーで72ヤードを獲得[3]、これは近代NFLにおける記録であった[4]

2011年12月18日のシアトル・シーホークス戦でNFL初TDをあげた。マット・フォーテイ、マリオン・バーバーが故障した後、第16週のグリーンベイ・パッカーズ戦、第17週のミネソタ・バイキングス戦ではアーマンド・アレンとの争いに勝ち、先発出場した。パッカーズ戦では23回のランで123ヤード、4回のレシーブで38ヤードを獲得、控えQBのジョシュ・マカウンと共にその試合のオフェンスで400ヤード以上を獲得した[5]

シーズン終了後、制限付きフリーエージェントとなった彼は、2012年4月、ベアーズと1年126万ドルの契約を結んだ[6]。同年8月に70万ドルへのサラリーカットを拒否し[7]、8月23日にウェーバーされた[8]。その後第2週のグリーンベイ・パッカーズ戦でフォーテイが負傷したことから、9月15日再契約を果たした[9]。その後ベアーズがタイトエンドのブロディ・エルドリッジを獲得した際にチームから解雇され[10]。11月13日にビラル・パウエル、ジョー・マクナイトが負傷中のニューヨーク・ジェッツと契約を結んだが[11]、12月11日、ワイドレシーバーの補強を必要としたジェッツがブレイロン・エドワーズを獲得する際、解雇された[12]。12月18日、故障者リスト入りしたマイケル・ブッシュの代わりにシカゴ・ベアーズに復帰した[13]

2012年シーズン終了後、フリーエージェントとなっていたが[14]2013年8月11日、足を骨折したジョン・グリフィンの代わりにニューヨーク・ジェッツと契約を結んだが[15]、9月1日に解雇された[16]。12月2日、グリーンベイ・パッカーズと契約を結んだ[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Player Bio”. UCLAブルーインズ. 2012年9月17日閲覧。
  2. ^ Mike Wobschall (2009年8月16日). “Vikings Waive RB Kahlil Bell”. blog.vikings.com. 2012年9月17日閲覧。
  3. ^ In a rush for change”. シカゴ・トリビューン (2009年11月23日). 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ Kahlil Bell”. lostlettermen.com. 2012年9月17日閲覧。
  5. ^ ロジャース5TD、パッカーズ快勝でプレイオフ第1シード決定”. NFL JAPAN (2011年12月26日). 2012年9月17日閲覧。
  6. ^ Brad Biggs (2012年4月25日). “Bears re-sign RB Bell”. シカゴ・トリビューン. 2012年9月17日閲覧。
  7. ^ Marc Sessler (2012年8月23日). “Kahlil Bell waived by Chicago Bears”. nfl.com. 2012年9月17日閲覧。
  8. ^ ライオンズが獲得すべきRB候補トップ5とは?”. NFL JAPAN (2012年8月29日). 2012年9月17日閲覧。
  9. ^ RBフォルテ故障のベアーズ、ベルを呼び戻し”. NFL JAPAN (2012年9月16日). 2012年9月17日閲覧。
  10. ^ Vaughn McClure (2012年10月15日). “Bears cut RB Bell, sign TE Eldridge”. シカゴ・トリビューン. 2012年12月22日閲覧。
  11. ^ Rich Cimini (2012年11月13日). “Jets release Aaron Maybin”. ESPN. 2012年12月22日閲覧。
  12. ^ Josh Alper (2012年12月11日). “Jets release Kahlil Bell, fueling more Braylon Edwards speculation”. NBCスポーツ. 2012年12月22日閲覧。
  13. ^ Bears place Bush on IR with rib injury”. FOXスポーツ (2012年12月18日). 2012年12月22日閲覧。
  14. ^ Minnesota Vikings schedule breakdown; Chicago Bears”. examiner.com (2013年7月21日). 2013年8月17日閲覧。
  15. ^ Chris Ivory expects to play Saturday”. ESPN (2013年8月11日). 2013年8月17日閲覧。
  16. ^ Randy Lange (2013年9月1日). “3 Arrive Via Waivers; 7 Added to Practice Squad”. prod.www.jets.clubs.nfl.com. 2013年12月21日閲覧。
  17. ^ Packers sign RB Kahlil Bell, release S Jerron McMillian”. packers.com (2013年12月3日). 2013年12月21日閲覧。