カリロエー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カリロエーとクリューサーオールの子ゲーリュオーンを描いたアッティカ黒絵式アンフォラミュンヘン、州立古代美術博物館(en)所蔵。

カリロエーあるいはカッリロエー古希: Καλλιρρόη, Kallirrhoē )は、ギリシア神話女神、女性である。長母音を省略してカリロエカッリロエとも表記される。

オーケアノスの娘[編集]

このカリロエーは、オーケアノスとテーテュースの3000人の娘たちオーケアニデスの1人で[1]クリューサーオールとの間に3頭の怪物ゲーリュオーン[2][3][4]と、エキドナを生んだ[5]。エキドナはテューポーンとの間に多くの怪物を生んだ。

スカマンドロスの娘[編集]

このカリロエーは、トローアスの河神スカマンドロスの娘で、トロイアの王トロースとの間に、クレオパトラーイーロスアッサラコスガニュメーデースを生んだ。ガニュメーデースはその美しさのゆえにゼウスにさらわれた。アッサラコスの家系からはアイネイアースが出た[6]。イーロスはイーリオスを創建した[7]

アケローオスの娘[編集]

このカリロエーは、河神アケローオスの娘で、アルクマイオーンとの間にアムポテロス、アカルナーンを生んだ[8][9]

カリロエーは父アケローオスがアルクマイオーンの母殺しの罪を浄めたときに、アルクマイオーンと結婚した。しかしカリロエーはアルクマイオーンにハルモニアーの首飾りと長衣(ペプロス)を欲しがったため、アルクマイオーンはペーゲウスのところに行って嘘をついて返してもらった。しかしウソであることを知ったペーゲウスは息子たちに命じてアルクマイオーンを殺させた。アルクマイオーンが殺されたことを知ったカリロエーは、復讐するため、ゼウスに子供たちをすぐに大人にしてほしいと願うと、子供たちは突然大人になり、ペーゲウスの子供たちを殺し、その後ペーゲウスとその妻を殺し、復讐を果たした。2人はそのことを母に伝えたのち、アケローオスの言葉によって、首飾りと長衣をデルポイに捧げ、アカルナーニア地方に植民した[10][注釈 1]

リュコスの娘[編集]

このカリロエーは、リビアの王リュコスの娘である。トロイア戦争後、ディオメーデースが帰国の航海でリビアに流され、リュコスに捕われたとき、カリロエーはディオメーデースに恋をして助けた。しかしディオメーデースはカリロエーを捨てて帰国したため、悲しみのあまり自殺した[12]

その他のカリロエー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パウサニアスによればカリロエーが欲しがったのは首飾りで、アルクマイオーンを殺害したペーゲウスの子供たちが首飾りをデルポイに捧げたとしている[11]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、351行。
  2. ^ ヘーシオドス、287行-288行。
  3. ^ ヘーシオドス、979行-982行。
  4. ^ アポロドーロス、2巻5・10。
  5. ^ ヘーシオドス、295行-297行。
  6. ^ アポロドーロス、3巻12・2。
  7. ^ アポロドーロス、3巻12・3。
  8. ^ アポロドーロス、3巻7・5-7・6。
  9. ^ パウサニアス、8巻24・9。
  10. ^ アポロドーロス、3巻7・5-7・7。
  11. ^ パウサニアス、8巻24・10。
  12. ^ a b 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.102a。
  13. ^ ヒュギーヌス、145話。

参考文献[編集]