カルタン・デュドネの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

数学において、カルタン・デュドネの定理(カルタンデュドネのていり、Cartan–Dieudonné theorem、名前はエリ・カルタンジャン・デュドネに由来している)とは、対称双一次空間自己同型群の構造に関する定理である。

定理のステートメント[編集]

(Vb) を標数が 2 でない上の、n 次元非退化対称双一次空間とする。このとき、直交群 O(Vb) の全ての元は、高々 n 個の鏡映の合成である。

例えば Rn に通常の内積を考えたものは定理の仮定を満たす。直交群は

である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]