カルダム・サクスコブルクゴツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カルダム
Кардам
サクスコブルクゴツキ家
Kardam of bulgaria.jpg
タルノヴォ公カルダム(2001年)

称号 タルノヴォ公
出生 (1962-12-02) 1962年12月2日
スペインの旗 スペインマドリード
死去 (2015-04-07) 2015年4月7日(52歳没)
スペインの旗 スペインマドリード、サンチナーロ大学病院 
埋葬 2015年4月8日
スペインの旗 スペインマドリード、サン・イシドロ墓地
配偶者 ミリアム・デ・ウングリーア・イ・ロペス
子女 ボリス
ベルトラン
父親 シメオン2世
母親 マルガリータ・ゴメス=アセボ・イ・セフエラ
宗教 キリスト教ブルガリア正教会
テンプレートを表示

カルダム・サクスコブルクゴツキブルガリア語: Кардам Сакскобургготски, ラテン文字転写: Kardam Sakskoburggotski, 1962年12月2日 - 2015年4月7日)は、旧ブルガリア王室の成員。ブルガリアの国法に基づいて立太子されたことはないが、儀礼上はしばしばブルガリア王太子として遇された。またブルガリア王族としてタルノヴォ公英語版儀礼称号を用いた。スペイン語名はカルダム・デ・サホニア=コブルゴ=ゴータ・イ・ゴメス=アセボKardam de Sajonia-Coburgo-Gotha y Gómez-Acebo)。

生涯[編集]

ブルガリア国王シメオン2世とその妻マルガリータ英語版の長男としてマドリードで生まれた。名は第一次ブルガリア帝国カン(皇帝)カルダム英語版にちなんで付けられた。

リセ・フランセ・ド・マドリード英語版に通った後にマサチューセッツ州クラーク大学英語版哲学国際経済学を専攻した。卒業後はペンシルベニア州立大学に進んで農業経済学を学び、修士号を取得した。

1989年、多国籍農工業企業「ファウンテンヘッドグループ」にブエノスアイレスで働き始め、バージニア州に移り住んでアグリビジネス企業「GICグループ」に勤務した。その後は長年にわたってスペインの通信会社「テレフォニカ・モビーレス・インテルコンティネンタル」で総合マーケティングディレクターとして働いていた。

1996年7月11日にミリアム・デ・ウングリーア・イ・ロペスと結婚し、2男を儲けた。

2008年8月15日、妻ミリアムと同乗中にマドリード近郊のエル・モラルスペイン語版で木に追突して転覆する自動車事故を引き起こした[1]。重度の外傷性脳損傷、腕部や背骨の複雑骨折、昏睡状態などの重症に陥り、フアン・カルロス1世の計らいによりヘリコプターでマドリードのドセ・デ・オクトゥブレ病院スペイン語版に運ばれた。サンチナーロ大学病院に移された後、12月に退院してテオカチェイラススペイン語版にある自宅で療養を続けたが、2010年夏にマドリードに移った。

2015年4月7日、事故のせいで長年患っていた肺感染症が悪化してサンチナーロ大学病院で死去した[1]。52歳没[1]。遺体はマドリードのサン・イシドロ墓地スペイン語版に葬られた。

出典[編集]