カルナバイオサイエンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルナバイオサイエンス株式会社
Carna Biosciences, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4572
2013年7月16日上場
略称 カルナBS、カルナバイオ
本社所在地 日本の旗 日本
650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5番5号
神戸バイオメディカル創造センター3階
設立 2003年4月10日[1]
業種 医薬品
法人番号 8140001022724
事業内容 創薬支援事業および創薬事業等。
代表者 吉野公一郎(代表取締役社長[1]
資本金 35億9,156万8,000円
(2018年12月期)[2]
発行済株式総数 1,022万2,100株
(2019年3月27日現在)[2]
売上高
  • 連結:7億5,469万1千円
  • 単独:6億4,071万1千円
(2018年12月期)[2]
営業利益
  • 連結:△11億4,451万9千円
  • 単独:△11億4,226万1千円
(2018年12月期)[2]
経常利益
  • 連結:△11億5,922万3,000円
  • 単独:△11億5,663万7,000円
(2018年12月期)[2]
純利益
  • 連結:△12億1,057万3千円
  • 単独:△11億9,922万5千円
(2018年12月期)[2]
純資産
  • 連結:8億8,745万3千円
  • 単独:9億4万4千円
(2018年12月期)[2]
総資産
  • 連結:17億7,009万円
  • 単独:17億8,056万5千円
(2018年12月期)[2]
従業員数
  • 連結:62人
  • 単独:58人
(2018年12月31日現在)[2]
決算期 毎年12月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 小野薬品工業 9.95%
吉野公一郎 2.71%
SBI証券 2.60%
CREDIT SUISSE SECURITIES (EUROPE) LIMITED PB OMNIBUS CLIENT ACCOUNT 2.46%
村山俊彦 1.03%
カルナバイオサイエンス役員持株会 0.98%
松井証券 0.89%
J.P MORGAN SECURITIES PLC 0.83%
楽天証券 0.72%
相川法男 0.72%
(2018年12月31日現在)[2]
主要子会社 CarnaBio USA, Inc. 100%
外部リンク http://www.carnabio.com/japanese/
特記事項:経営指標は 2018年12月期 第16期 有価証券報告書
テンプレートを表示

カルナバイオサイエンス株式会社: Carna Biosciences, Inc.)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置くバイオベンチャー

概要[編集]

日本オルガノン株式会社の研究部門を母体とし2003年平成15年)4月10日に分離独立したベンチャー企業で、キナーゼタンパク質の製造・販売を行う創薬支援事業および自社のキナーゼコア技術を用いた創薬事業を主な業務としている。

社名の由来はローマ神話に登場する人間の健康を司る女神「カルナ」と生命科学(バイオサイエンス)に因んでいる。

沿革[編集]

関連会社[編集]

  • CarnaBio USA, Inc.(アメリカ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日経会社情報”. 日本経済新聞. 2016年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j カルナバイオサイエンス株式会社 第16期 有価証券報告書”. EDINET (2019年3月27日). 2019年7月1日閲覧。
  3. ^ キナーゼを標的とした創薬研究に関する共同研究契約締結のお知らせ (PDF) (2013年03月22日、カルナバイオサイエンス・IRニュース)