カルビン・ヌカナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルビン・ヌカナタ Portal:陸上競技
Carvin Nkanata Rio2016.jpg
選手情報
ラテン文字 Carvin Nkanata
国籍  ケニア
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 200m
大学 アメリカ合衆国の旗 アイオワ・セントラル・コミュニティ大学英語版
アメリカ合衆国の旗ピッツバーグ大学
生年月日 (1991-05-06) 1991年5月6日(27歳)
出身地 サウスカロライナ州の旗 サウスカロライナ州サマービル
身長 185cm[1]
体重 72kg[1]
成績
オリンピック 200m 予選8組8着 (2016年)
世界選手権 200m 予選4組4着 (2015年)
地域大会決勝 アフリカ選手権
200m 3位 (2014年)
最高世界ランク 200m 17位 20秒17 (2014年)
自己ベスト
100m 10秒39 (2014年)
10秒28w (2014年)
200m 20秒14 (2015年) ケニア記録
400m 46秒36 (2014年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

カルビン・ヌカナタCarvin Nkanata1991年5月6日 ‐ )は、ケニア陸上競技選手。専門は短距離走200mの自己ベストは20秒14のケニア記録保持者。2014年アフリカ選手権男子200mの銅メダリストである。

経歴[編集]

ケニア人の父とアメリカ人の母の下、アメリカ合衆国で生まれ育った[2]

2013年[編集]

5月12日のIC4A/ECAC選手権男子200m決勝において20秒32(+1.5)のケニア新記録(当時)を樹立し、1991年にジョセフ・ギコニョがマークした記録(20秒43)を22年ぶりに塗り替えた[3]

2014年[編集]

3月の全米学生(NCAA)室内選手権に出場すると、男子200m決勝で自己ベストとなる20秒52をマークして3位に入った[4]。4月12日にノックスビルで開催された競技大会の男子200mにおいて20秒17(+2.0)をマークし、自身の持つケニア記録を11か月ぶりに更新した[5]。5月24日の世界リレー男子4×200mで世界大会およびケニア代表デビューを果たすと、2走を務めて1分22秒35のケニア新記録樹立と5位に貢献した[6]。8月のアフリカ選手権男子200mではファイナリストになると、決勝でウア・ウィルフリード・コッフィ(20秒25)、アイザック・マクワラ(20秒51)に次ぐ20秒53(-0.8)で3位に入り、この種目では1990年カイロ大会のジョセフ・ギコニョ以来、ケニア勢24年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した[7]

2015年[編集]

4月18日のNTC Pure Athletics Sprint Festival男子200mで自身の持つケニア記録を1年ぶりに0秒03更新する、今季世界最高記録(当時)の20秒14(+1.9)をマーク[8]。5月17日のダイヤモンドリーグ・上海ゴールデングランプリ男子200mでは、ダイヤモンドリーグの短距離種目においてケニア勢初となる出場を果たした(結果は20秒58の6位)[3][9]。世界大会の個人種目初出場となった8月の北京世界選手権男子200mは20秒51(-0.3)の組5着に終わり、準決勝に進出することはできなかった[10]

2016年[編集]

パスポートのトラブルによって出場が危ぶまれた8月16日のリオデジャネイロオリンピック男子200m予選になんとか出場することはできたが、リオデジャネイロに到着したのはレースの数時間前というコンディションが最悪な中、自己ベスト(20秒14)からは程遠い21秒43(+0.4)で敗退した[11]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒39 (+1.0) 2014年4月19日 アメリカ合衆国の旗 チャペルヒル
10秒28w (+2.6) 2014年4月11日 アメリカ合衆国の旗 ノックスビル 追い風参考記録
200m 20秒14 (+1.9) 2015年4月18日 アメリカ合衆国の旗 クラモント ケニア記録
400m 46秒50 2013年5月5日 アメリカ合衆国の旗 ピスカタウェイ
室内
200m 20秒52 2014年3月14日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ
300m 33秒04 2014年1月24日 アメリカ合衆国の旗 ブラックスバーグ
400m 46秒36 2014年1月18日 アメリカ合衆国の旗 ステートカレッジ

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2014 世界リレー バハマの旗 ナッソー 4x200mR 5位 1分22秒35 (2走) ケニア記録
2014 コモンウェルスゲームズ イギリスの旗 グラスゴー 200m 準決勝3組3着 20秒65 (+0.2)
4x100mR 予選1組4着 40秒32 (2走)
2014 アフリカ選手権 モロッコの旗 マラケシュ 200m 3位 20秒53 (-0.8)
2015 世界リレー バハマの旗 ナッソー 4x200mR 予選失格 DQ (2走) オーバーゾーン
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 200m 予選4組4着 20秒43 (0.0)
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選8組8着 21秒43 (+0.4)

脚注[編集]

  1. ^ a b Pitt runner Nkanata chases 200 title at NCAA East Regionals”. TribLIVE (2013年5月22日). 2015年8月27日閲覧。
  2. ^ Kenyan sprinter Carvin Nkanata could be locked out of the Olympics on technicality”. AIPS Web Site (2016年8月5日). 2016年8月26日閲覧。
  3. ^ a b Carvin Nkanata proves Kenyans can also be sprinters”. AthleticsAfrica (2015年6月13日). 2016年8月26日閲覧。
  4. ^ EME News March 13-15th, by Alfons Juck, note by Kevin Mangan”. American Track & Field (2014年3月15日). 2016年8月26日閲覧。
  5. ^ Kenya turns to U.S. based runner Nkanata for Bahamas”. 新華社 (2014年5月20日). 2016年8月26日閲覧。
  6. ^ 2014年ワールドリレーズ男子4×200mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2014年5月24日). 2016年8月26日閲覧。
  7. ^ Kenyan sprinters redeem themselves in Marrakech”. Kenya Page (2014年8月17日). 2016年8月26日閲覧。
  8. ^ Kenyan sprinter Nkanata clocks season’s best time”. Daily Nation (2015年4月19日). 2016年8月26日閲覧。
  9. ^ 2015年ダイヤモンドリーグ・上海グランプリ男子200mリザルト”. 国際陸上競技連盟 (2015年5月17日). 2016年8月26日閲覧。
  10. ^ 第15回世界選手権男子200m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2015年8月25日). 2016年8月26日閲覧。
  11. ^ IMG trainee Carvin Nkanata wins late appeal to run in Olympics”. Bradenton Herald (2016年8月16日). 2016年8月26日閲覧。
記録
先代:
ジョセフ・ギコニョ
(20秒43)
1991年8月26日
男子200m
ケニア記録保持者
(20秒32 - 20秒14)

2013年5月12日 -
次代:
未定