カルビン・ブース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルビン・ブース
Calvin Booth
Calvin Booth KeyArena.jpg
キー・アリーナでのブース
デンバー・ナゲッツ A-GM
役職 アシスタントGM
ポジション(現役時) C
背番号(現役時) 52
身長(現役時) 211cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 113kg (249 lb)
ウィングスパン(現役時) 225cm  (7 ft 5 in)
基本情報
本名 Calvin Lawrence Booth
愛称 Big Cal
ラテン文字 Calvin Booth
誕生日 (1976-05-06) 1976年5月6日(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州の旗 オハイオ州ライノルズバーグ
出身 ペンシルベニア州立大学
ドラフト 1999年 35位 
選手経歴
1999-2001
2001
2001-2004
2004-2005
2005
2005-2007
2007-2008
2008-2009
2009
ワシントン・ウィザーズ
ダラス・マーベリックス
シアトル・スーパーソニックス
ダラス・マーベリックス
ミルウォーキー・バックス
ワシントン・ウィザーズ
フィラデルフィア・76ers
ミネソタ・ティンバーウルブズ
サクラメント・キングス
指導者経歴
2017- デンバー・ナゲッツ (A-GM)
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1998, 2001

カルビン・ローレンス・ブースCalvin Lawrence Booth1976年5月6日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元バスケットボール選手。NBAの数々のチームで控えセンターとしてプレーし、現在はデンバー・ナゲッツのアシスタントGMを務めている。

来歴[編集]

選手時代[編集]

ペンシルベニア州立大学から1999年のNBAドラフトワシントン・ウィザーズから35位で指名されNBA入り。2001年2月に大型トレードでダラス・マーベリックスに移籍。同年のプレーオフ1stラウンドのユタ・ジャズ戦の第5戦で、ブースは82-83で迎えた第4クォーター残り数秒の場面で、マイケル・フィンリーからのパスを受けて、逆転のレイアップシュートを決めた。マーペリックスは84-83の大逆転勝利を収め、カンファレンスセミファイナル進出を果たした。

2001年夏、ブースはシアトル・スーパーソニックスのオファーシートにサイン。マーペリックスはスーパーソニックスの契約をマッチングをせず、移籍が決定。ブースは大型契約を獲得するも、控えセンターの粋を脱せず、各チームを転々とした後、2009年以降は契約するチームが表れずに引退。通算成績は平均4.1得点 3.3リバウンド 1.2ブロックショットに終わった。

引退後[編集]

2015年からミネソタ・ティンバーウルブズの選手管理部門ディレクターなどを務めた後、2017年8月にデンバー・ナゲッツのアシスタントGMに就任した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]