カルロス・グルペギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグルペギ第二姓(母方の)はナウシアです。
カルロス・グルペギ Football pictogram.svg
Carlos Gurpegui 2014.jpg
名前
本名 カルロス・グルペギ・ナウシア
Carlos Gurpegui Nausia
ラテン文字 Carlos Gurpegui
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1980-08-19) 1980年8月19日(36歳)
出身地 パンプローナ
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF (CB) / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998 スペインの旗 CDイサラ 1 (0)
1999-2000 スペインの旗 CDバスコニア 33 (15)
2000-2002 スペインの旗 アスレティック・ビルバオB 56 (5)
2002-2016 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 313 (18)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・グルペギCarlos Gurpegui Nausia, 1980年8月19日 - )はスペインバスク地方にあるナバラ県パンプローナ出身のサッカー選手。ポジションはMFボランチ)。

経歴[編集]

アスレティック・ビルバオのユース組織であるレサマの出身。2002年3月31日のビジャレアルCF戦でトップチームデビューを飾り、その後すぐにレギュラーのボランチとして定着した。

2002年9月1日に行われた薬物検査でナンドロロンの陽性反応を示したため、2003年11月3日にグルペギは2年間の出場停止処分を言い渡される。しかし、ナンドロロンは体内で自然に生成されたものだというグルペギ側の主張により、処分は当初保留となった。度重なる審議の結果、グルペギ側の主張は受け入れられず、グルペギは2006年4月24日から2年間の出場停止処分を受ける。一連の処分が決定したにもかかわらず、アスレティック・ビルバオは処分を受けたグルペギを解雇しなかった。また彼の背番号である18番も公式に登録され続けた。2008年4月27日、出場停止処分の解けたグルペギはレアル・マドリード戦で復帰するが、チームは0-3で敗れた。

復帰後は着々と出場機会を増やし、2009-10シーズンではレギュラーに返り咲いている。

タイトル[編集]

アスレティック・ビルバオ