カルロス・サンタナ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルロス・サンタナ
Carlos Santana
クリーブランド・インディアンス #41
Carlos Santana on July 14, 2011 (1).jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1986-04-08) 1986年4月8日(33歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投
ポジション 捕手一塁手三塁手
プロ入り 2004年 アマチュアFA
初出場 2010年6月11日 ワシントン・ナショナルズ
年俸 $20,333,333(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

カルロス・サンタナCarlos Santana, 1986年4月8日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手捕手内野手)。右投両打。MLBクリーブランド・インディアンス所属。

愛称はアクスマン/Axeman(中軸・中心人物の意)、エル・オソ/El Oso(スペイン語で「熊」)、スランタナ/Slamtana[注 1][3][4]など。

経歴[編集]

プロ入りとドジャース傘下時代[編集]

2004年三塁手外野手としてロサンゼルス・ドジャースと契約を結びプロ入り[5]

2005年アメリカ合衆国へ渡り、マイナーリーグ最下層のルーキー級ガルフ・コーストリーグでプロデビューするが、この年は三塁手と外野手のほかに捕手や二塁手としても出場しており、ポジションが定まっていなかった。

2007年、A級グレートレイクス・ルーンズに所属していたサンタナは素質を見込まれて捕手へコンバートされる。だが、それまで本格的なポジション変更を体験したことがなかったというサンタナにとって捕手挑戦は大きな負担となり[6]、また参加するミッドウェストリーグが展開しているアメリカ合衆国北東部の涼しい気候に適応できなかったこともあって[7]、86試合で打率.223、OPS.688と不振に陥った[8]

2008年はA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版に昇格したサンタナは復調。シーズン途中まで99試合に出場して打率.323、14本塁打、96打点、OPS.993という好成績を残す[8]

インディアンス時代[編集]

クリーブランド・インディアンス時代
(2017年6月22日)

2008年7月26日にケイシー・ブレイクとのトレードで、ジョン・メローン英語版とともにインディアンスへ移籍[5]。ドジャース側がブレイクの年俸負担をインディアンスに求めたのに対し、インディアンス側はサンタナを差し出すことを条件にしたという[9]。移籍後はAA級アクロン・エアロズまで昇格[8]。シーズン終了後にベースボール・アメリカが発表した若手有望株ランキングでは、サンタナはインディアンス傘下の1位という高評価を受けた[10]

2009年も、AA級アクロンで130試合に出場し打率.290・23本塁打・97打点・OPS.943を記録し[8]、参加するイースタンリーグMVPを受賞した[11]

2010年は開幕をAAA級コロンバス・クリッパーズで迎えることになった。自身の誕生日でもある4月8日に行われたインディアナポリス・インディアンスとのシーズン開幕戦でサンタナは、5打数4安打2本塁打4打点の活躍を見せた。2本塁打は、1本目は4回裏の第2打席でジェレミー・パウエルから右中間へ、2本目は7回裏の第4打席でビニー・チュークから左翼へ、それぞれ放っている[12]。その後も打ち続けたサンタナは、6月10日までの57試合で打率.316・13本塁打・51打点・OPS 1.044という成績を残した[8]。一方の守備面では、インディアンスでコーチを務める元捕手のサンディー・アロマー・ジュニアに「彼にはまだ学び成長する必要がある」と指摘されていたが[9]、5月下旬頃には球団GMマーク・シャパイロから一定のレベルには達したと判断されるまでに成長[13]。6月11日、サンタナは同じ捕手のルー・マーソンとの入れ替わりでメジャーへの昇格を果たす。

同日のワシントン・ナショナルズ戦でサンタナはメジャー初出場[8]。主力選手のうちアズドルバル・カブレラグレイディ・サイズモア故障者リスト入りで欠場中という事情もあり[14]、デビュー戦から3番打者としての先発出場となった。この試合では3打数無安打に終わるが、翌12日の同じカードでは2回裏の第2打席にJ.D.マーティンから適時二塁打を放ちメジャー初安打・初打点を挙げると、5回裏の第3打席にはマーティンからメジャー初本塁打も放った[15]。この試合以降サンタナはOPS.850以上を維持し続け、また盗塁阻止率でも35.3%を記録するなど攻守に奮闘する。だが8月2日のレッドソックス戦で7回裏の守備中、二塁走者ライアン・ケイリッシュの本塁突入をブロックした際に左膝を痛めて途中退場。翌3日には故障者リスト入りとなり、6日に靭帯を手術してシーズンを終えた[16]

インディアンスの地元オハイオ州クリーブランドでは、サンタナの打撃力を生かすために故障の危険性が低いポジションへの再転向を勧める声もあったが、監督のマニー・アクタは「すべての捕手は怪我を克服してきている。彼は捕手として価値がある」と述べ、2011年以降もサンタナを捕手として起用する考えを示している[17]

2012年4月、インディアンスと2016年までの5年総額2100万ドルで契約延長(6年目の2017年は球団に選択権のある1200万ドルの契約)[18]

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[19]

2014年のスプリングトレーニングから三塁手の練習を開始した。前年は若手のヤン・ゴームズが捕手として85試合に出場する(サンタナは84試合、2012年は100試合だった)など、ポジションが奪われたことを自覚。フルシーズンで指名打者起用されることを望んでいなかったため、三塁手の練習に取り組み始めた[20]。2014年シーズンは、主に一塁手で試合出場した。捕手での出場は11試合にとどまった。まず打撃面では、打率こそメジャーデビュー以来ワーストの.231に留まったものの、自己ベストタイとなる27本塁打を放ち、こちらも自己ベストとなる85打点を挙げた[8]。また、2011 - 2013年までの3年間90台だった四球を113まで増やし、リーグ1位だった。オフの11月7日に日米野球2014のMLB選抜に選出された[21]

2015年一塁手のレギュラーで起用された。この年は154試合に出場し、打率.231・19本塁打・85打点という成績を残した[8]。なお、2号本塁打はサンタナにとっての通算100号本塁打だった。また、85打点は前年に続き自己ベストタイだった。選球眼は相変わらずのハイレベルで、ア・リーグ2位となる108四球を記録した。走塁面では、自身初の2ケタ盗塁となる11個を決めた。一塁手の守備は、DRSこそ - 4だったが、132試合でエラーは3個に留めて守備率は.997だった。

2016年マイク・ナポリと一塁手及び指名打者を分け合いつつ、158試合に出場した。打撃面では打率.259・34本塁打・87打点・OPS0.865という好成績を残し、本塁打は自身初の30本台[8]、OPSはルーキーイヤー以来となる高水準だった。持ち前の選球眼も健在で、リーグ3位の99四球を記録した事で出塁率.366も同8位にランクインした[8]。64試合で守った一塁手の守備は、5失策・守備率.991・DRS + 1だった。またシカゴ・カブスとのワールドシリーズでの指名打者制のないビジターでの試合では左翼手としても出場した。

2017年開幕前の2月8日に第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[22]。WBCでは全6試合に出場し、打率.308(26打数8安打)・3打点・OPS.718などの成績を残した。シーズンでは154試合の出場で打率.259、23本塁打、79打点だった。守備ではFAで指名打者エドウィン・エンカーナシオンが加入したことにより、ほとんどを一塁手として出場した。故障者の穴埋めのために初めて右翼手として出場した(7試合)。シーズンオフの11月2日にFAとなった[23]。球団はクオリファイング・オファーを提示した[24]が、11月16日に拒否した[25]

フィリーズ時代[編集]

フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2018年6月14日)

2017年12月15日、フィラデルフィア・フィリーズと3年総額6000万ドルの契約に合意した(4年目の2021年は球団に選択権のある1750万ドルの契約)[26]指名打者制のないナショナルリーグ球団への所属は初めてとなった。総額6000万ドルの契約はこのオフのFA選手としては6番目に高額であった(エリック・ホズマーダルビッシュ有J.D.マルティネスロレンゾ・ケインジェイク・アリエータに次ぐ)。

2018年開幕から「2番・一塁手」として出場。オフには2018日米野球のメジャー選抜に選出された。メジャーチームで唯一前回に続き2回連続の出場となる。11月9日に日米野球第1戦[27]で3点本塁打を放った。

インディアンス復帰[編集]

2018年12月3日にジーン・セグラフアン・ニカシオジェームズ・パゾスとのトレードにより、J.P.クロフォードと共に一旦はシアトル・マリナーズへ移籍した。しかしその10日後の12月13日にタンパベイ・レイズ、マリナーズ、インディアンスの3球団による三角トレードにより2年ぶりにインディアンス復帰を果たした[28]

選手としての特徴[編集]

スイッチヒッター。引っ張り方向の打球の割合がメジャー通算53%とメジャー屈指のプルヒッターで、左右両打席ともに引っ張る方向の打球が多い。このため、相手側チームは左打席ならばライト側、右打席ならばレフト側に偏った守備シフトを敷くことが多い。それを逆手に取って左打席では毎年のように三塁ベース付近にバントヒットを決める[29]2016年10月14日のリーグチャンピオンシップシリーズの初戦では、初回先頭打者でバントヒットを決めた[30]。投球に対してスイングする割合が通算38%とメジャー屈指の低さで、IsoD(出塁率-打率)は通算.116(2017年シーズン終了時点)と高い[29]。そのため、1番打者として起用されることも多く、2016年シーズンはチーム最多の85試合で1番打者として出場した[31]

人物[編集]

2019年4月19日、クリーブランド・インディアンスのチームメイトであるハンリー・ラミレスとともにアメリカ市民権を取得した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 CLE 46 192 150 23 39 13 0 6 70 22 3 0 0 4 37 2 1 29 3 .260 .401 .467 .868
2011 155 658 552 84 132 35 2 27 252 79 5 3 0 7 97 7 2 133 15 .239 .351 .457 .808
2012 143 609 507 72 128 27 2 18 213 76 3 5 0 8 91 4 3 101 21 .252 .365 .420 .785
2013 154 642 541 75 145 39 1 20 246 74 3 1 0 4 93 6 4 110 7 .268 .377 .455 .832
2014 152 660 541 68 125 25 0 27 231 85 5 2 0 3 113 5 3 124 13 .231 .365 .427 .792
2015 154 666 550 72 127 29 2 19 217 85 11 3 0 5 108 8 3 122 20 .231 .357 .395 .752
2016 158 688 582 89 151 31 3 34 290 87 5 2 0 5 99 0 2 99 18 .259 .366 .498 .865
2017 154 667 571 90 148 37 3 23 260 79 5 1 0 2 88 6 6 94 11 .259 .363 .455 .818
2018 PHI 161 679 560 82 128 28 2 24 232 86 2 1 0 8 110 6 1 93 12 .229 .352 .414 .766
2019 CLE 158 686 573 110 161 30 1 34 295 93 4 0 0 2 108 12 3 108 13 .281 .397 .515 .911
MLB:10年 1435 6147 5127 765 1284 294 16 232 2306 766 46 18 0 48 944 56 28 1013 133 .250 .367 .450 .817
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

捕手・内野守備


捕手(C) 一塁(1B) 三塁(3B)














































2010 CLE 40 245 22 3 2 .989 4 34 22 12 .353 - -
2011 95 580 43 7 4 .989 4 84 56 18 .243 66 622 43 4 43 .994 -
2012 100 628 65 7 3 .990 10 95 70 25 .263 21 160 13 2 21 .989 -
2013 84 694 33 4 2 .995 5 62 51 11 .177 29 185 9 1 29 .995 -
2014 11 94 10 0 1 1.000 2 12 8 4 .333 94 842 64 5 71 .995 26 25 35 6 3 .909
2015 - 132 1061 77 3 110 .997 -
2016 - 64 513 53 5 48 .991 -
2017 - 140 1055 95 5 129 .996 -
2018 PHI - 149 1167 76 10 114 .992 19 9 29 1 3 .974
2019 CLE - 135 951 73 10 77 .990 -
MLB 330 2241 173 21 12 .991 25 277 207 70 .253 830 6556 503 45 642 .994 45 34 64 7 6 .933
外野守備


左翼(LF) 右翼(RF)
























2012 CLE 1 2 0 0 0 1.000 -
2017 - 7 9 1 0 1 1.000
MLB 1 2 0 0 0 1.000 7 9 1 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 41(2010年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SlamCrashと同義で衝突する擬音を意味する。この場合、日本語では「カキーン」。名前のSanSlamの捩りである。

出典[編集]

  1. ^ a b Carlos Santana's daughters were almost too cute for his swearing in ceremony as a U.S. citizen”. MLB.com (2019年4月19日). 2019年10月19日閲覧。
  2. ^ Carlos Santana Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac.com. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ William Kosileski (2017年8月26日). “Explaining Indians Players Weekend names” (英語). MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  4. ^ Carlos Santana Stats”. Baseball Reference.com. 2017年12月19日閲覧。
  5. ^ a b "Indians acquire C Carlos Santana and RHP Jon Meloan from the Los Angeles Dodgers / Send INF Casey Blake to LA," indians.com, 2008年7月26日。 2010年11月14日閲覧。
  6. ^ Doug Lesmerises, The Plain Dealer, "Cleveland Indians catching prospect Carlos Santana making progress behind the plate," cleveland.com, 2010年5月7日。 2010年11月14日閲覧。
  7. ^ Eric-Paul Johnson, "66ers' Santana works to be Dodgers' catcher of future," PE.com, 2008年7月1日。 2010年11月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j MLB公式プロフィール参照。2017年12月30日閲覧。
  9. ^ a b Bill Shaikin, "Baseball: Down the line," Los Angeles Times, 2010年5月2日。 2010年11月14日閲覧。
  10. ^ Ben Badler, "Organization Top 10 Prospects: Cleveland Indians," BaseballAmerica.com, 2008年11月19日。 2010年11月14日閲覧。
  11. ^ Mike Starkey, "Cleveland Indians farmhand Carlos Santana named MVP of the Eastern League," cleveland.com, 2009年9月4日。 2010年11月14日閲覧。
  12. ^ "Scoreboard," The Official Site of Minor League Baseball, 2010年4月8日。 2010年11月14日閲覧。
  13. ^ Anthony Castrovince (2010年6月11日). “Santana promoted, arrives in Majors / Highly regarded catcher joins Indians to start big league career” (英語). MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  14. ^ Paul Hoynes, The Plain Dealer, "Cleveland needs Carlos Santana's bat, even if everyone were healthy: Indians Insider," cleveland.com, 2010年6月19日。 2010年11月14日閲覧。
  15. ^ "Jun 12, 2010, Nationals at Indians Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年11月14日閲覧。
  16. ^ Associated Press, "Carlos Santana has knee surgery," ESPN.com, 2010年8月7日。 2010年11月14日閲覧。
  17. ^ 谷口輝世子 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 クリーブランド・インディアンス/CLE 大怪我の新人捕手にコンバートを望む声も」 『月刊スラッガー』2010年10月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-10、68頁。
  18. ^ Cleveland Indians, Carlos Santana agree to 5-year, $21 million contract extension” (英語). cleveland.com (2012年4月10日). 2018年4月8日閲覧。
  19. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  20. ^ Jordan Bastian (2014年2月12日). “Santana's willingness to learn new role helps Tribe” (英語). MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  21. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  22. ^ Joe Trezza (2017年2月15日). “DR aims to defend title as WBC '17 roster set” (英語). MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  23. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  24. ^ Jordan Bastian (2017年11月6日). “Tribe makes qualifying offer to Carlos Santana”. MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  25. ^ Jordan Bastian (2017年11月16日). “Santana declines Indians' qualifying offer”. MLB.com. 2017年12月21日閲覧。
  26. ^ カルロス・サンタナ フィリーズとの3年契約に合意 メジャー通算174発”. スポーツニッポン (2017年12月15日). 2018年4月8日閲覧。
  27. ^ フィリーズ・サンタナが豪快3ラン 弾丸ライナーで左翼席たたき込む”. www.sanspo.com (2018年11月9日). 2018年11月9日閲覧。
  28. ^ Mariners Acquire 1B/DH Edwin Encarnación and Compensatory Round B Pick from Indians”. mariners.mlb.com (2018年12月13日). 2019年1月27日閲覧。
  29. ^ a b Carlos Santana Statistics More Batted In” (英語). FanGraphs (2016年10月3日). 2016年10月16日閲覧。
  30. ^ October 14, 2016 American League Championship Series (ALCS) Game 1, Blue Jays at Indians” (英語). Baseball-Reference.com (2016年10月14日). 2016年10月16日閲覧。
  31. ^ 2016 Cleveland Indians Batting Orders are the starting batting orders for that game

関連項目[編集]