カルロス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カルロス・サントス
基本情報
本名 カルロス・サントス
階級 スーパーウェルター級
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1955-10-01) 1955年10月1日(61歳)
出身地 セイバ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 41
KO勝ち 28
敗け 3
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

カルロス・サントスCarlos Santos 、男性、1955年10月1日 - )は、プエルトリコプロボクサーセイバ出身。第2代IBF世界スーパーウェルター級王者。

来歴[編集]

1976年10月11日、プロデビューを果たし4回判定勝ち。白星でデビューを飾った。

1978年9月9日、リッキー・ウェイゲルと対戦し8回判定勝ち。

1980年7月5日、エスペルノ・ポスチと対戦し4回TKO勝ち。

1981年11月14日、ラスベガスのショウボートでWBC世界スーパーウェルター級王者ウィルフレド・ベニテスと対戦し15回0-3(138-147、140-145、139-145)の判定負けで王座獲得に失敗した。

1984年11月2日、ニューヨークのフェルト・フォーラムでIBF世界スーパーウェルター級王者マーク・メダルと対戦し15回3-0(146-138、142-140、147-139)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1985年6月1日、パリのパーク・デ・プリンセスでルイス・アカリエスと対戦し15回3-0(147-139、147-138、143-142)の判定勝ちで初防衛に成功した。

1986年6月4日、承認料未払いでIBF世界スーパーウェルター級王座を剥奪され、IBF世界スーパーウェルター級王座決定戦でバスター・ドレイトンと対戦し15回0-2(141-145、140-145、143-143)の判定負けに終わった。

1987年4月4日、元ウェルター級統一世界王者USBA全米スーパーウェルター級王者ドナルド・カリーと対戦し故意のバッティングで即座に試合終了。5回2分25秒失格負けで王座獲得に失敗した。

1988年3月3日、ウーゴ・ラウル・マリナンゲルと対戦し10回判定勝ち。

1991年10月30日、ブリナッティー・マクイロンと対戦し10回判定勝ちを最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
マーク・メダル
IBF世界スーパーフライ級王者

1984年11月2日 - 1986年6月4日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
バスター・ドレイトン