カルロス・スリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はスリム第二姓(母方の)はエルーです。(Template:スペイン語圏の姓名)
カルロス・スリム・エルー
Carlos Slim Helú
Carlos Slim Helú.jpg
生誕 (1940-01-28) 1940年1月28日(81歳)
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
職業実業家
純資産730億アメリカドル

カルロス・スリム・エルー[注釈 1](Carlos Slim Helú, 1940年1月28日 - )は、メキシコの実業家、慈善家テルメックステルセル (Telcel) 、アメリカ・モービル (América Móvil) を所有し、ラテンアメリカの通信産業に多大な影響を持つ[注釈 2]

来歴[編集]

カルロス・スリムは1940年メキシコシティにてレバノンから移住したキリスト教マロン派(マロン典礼カトリック教会)信者の両親の下に生まれる[1][2]。カルロスの父フリアン・スリム・ハッダードは1902年、14歳の時にメキシコに移住した[1]。当時オスマン帝国による徴兵から逃れるため、子供を海外に移住させることは珍しいことではなく、フリアンの4人の兄も先に移住していた[3]。少年期より数字への興味が強く、わずか12歳で株式投資を始める一方で、メキシコ国立自治大学では工学を専攻、又その傍ら代数学線形計画問題について教鞭をとっていた。

ビジネス[編集]

1990年、できたばかりのフランステレコムと、やがてAT&Tを再編するサウスウェスタン・ベルをともない、共同出資によりテレメックスを買収した。

アメリカ・モービル子会社のテルセルは、2006年11月にアメリカ大使の電報がウィキリークス経由で漏洩して、メキシコ携帯電話市場の8割を独占していることが明らかとなった[4]

2010年1月29日のEmpresas Cablevisión vs JP Morgan Chase Bank 訴訟判決では、カルロスの躍進がJPモルガンと密接な関係にあった事実が散見された[5]

2012年4月、メキシコ当局による反トラスト訴訟で1億ドルの罰金を請求された[6]。2014年4月23日、テレコム・オーストリアを傘下に収め、ヨーロッパ進出の足がかりとした。

2017年に比亜迪汽車(BYD)への支援者でも知られるライバルのビル・ゲイツウォーレン・バフェットと同様にカルロスの所有するインバーサ傘下のジャイアント・モーターズ・ラテンアメリカは電気自動車に参入し、中華人民共和国の国有自動車メーカーである安徽江淮汽車と提携してラテンアメリカ市場向けのスポーツ用多目的車を共同生産することも発表された[7]。同年に中国やメキシコとの貿易の見直しを掲げてアメリカ合衆国大統領に就任したドナルド・トランプ保護貿易主義にカルロスは対抗したとされる[8]

個人資産[編集]

2009年8月のフォーブスによれば以前は世界長者番付第3位だったが、マイクロソフト社のビル・ゲイツを抜いて世界1位(総資産約 8兆3000 億円)の大富豪となった。その後も、2010年度版長者番付で資産総額535億アメリカドル(約4兆8000億円)、2011年度版の世界長者番付ではさらに資産を上げ740億アメリカドル(約6兆2000億円)、2012年度版の世界長者番付で690億ドル(約5兆6000億円)、2013年度版でも730億アメリカドル(約6兆7900億円)で世界長者番付4年連続1位を獲得した[9]。なお2014年以降は再びビル・ゲイツが1位となっている。

ソウマヤ美術館にコレクションを所有している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ エルーの発音は語尾にアクセントが置かれる [ˈkarlos eˈslim eˈlu] 。スペイン語フランス語のようなロマンス語では、「H」は発音されない。
  2. ^ その経営に積極的に関与しているが、日常業務は3人の息子(カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミット)に任せている。

出典[編集]

  1. ^ a b Bone, James (March 11, 2010), “Mexican mogul Carlos Slim got his big break in sell-off of national telephone firm”, The Times (London), http://business.timesonline.co.uk/tol/business/entrepreneur/article7057516.ece 2011年6月17日閲覧。 
  2. ^ Padgett, Tim (July 11, 2007). “Carlos Slim's Embarrassment of Riches”. Time Magazine (United States). http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1642286,00.html 2011年6月17日閲覧。. 
  3. ^ Biography”. Carlos Slim Helú. 2011年2月19日閲覧。[信頼性要検証]
  4. ^ Enlistan los sectores con privilegios” (Spanish). Wikileaks en LaJournada. DEMOS, Desarrollo de Medios, S.A. de C.V (2011年3月17日). 2012年10月14日閲覧。
  5. ^ ロイター How JP Morgan treats its clients: scandalously and in bad faith 2010/2/18
  6. ^ ロイター Mexico regulators to vote on $1 billion fine vs tycoon Slim Apr 29, 2012
  7. ^ Billionaire Slim eyeing electric taxi to reduce pollution in Mexico City”. ロイター (2017年5月26日). 2018年8月23日閲覧。
  8. ^ Billionaire Carlos Slim And China's JAC Motors To Manufacture Cars For Latin American Market”. フォーブス (2017年3月28日). 2018年8月23日閲覧。
  9. ^ ロイター『メキシコの富豪スリム氏、世界長者番付で3年連続1位』
先代:
ビル・ゲイツ
世界長者番付1位
2010年 - 2013年
次代:
ビル・ゲイツ