カルロス宮本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カルロス宮本 プロフィール

カルロス宮本(カルロスみやもと、Carlos Miyamoto)はカプコンベルトスクロールアクションゲームファイナルファイト2』に登場する架空の人物。

概要[編集]

『ファイナルファイト2』(以下『FF2』と表記)で初登場する、同作のプレイヤーキャラクターの1人。得意武器はナイフで、前作『ファイナルファイト』のコーディーと同じく接近戦用武器として扱える。

『FF2』以外では、『CAPCOM FIGHTING Jam』のアレックスのエンディングにマイク・ハガーのセコンドとして登場している。

安田朗がデザインしたキャラクターであるが、「すっかり忘れていたがこのキャラは俺が考えたんだった、だれだこんなキャラ考えたのは?と思っててごめんよ」というコメント共に自身のホームページ上でイラストを掲載していた。

キャラクターの設定[編集]

南米方面からふらりとやってきた格闘家。外見はクールでニヒルな印象であるが、ごくたまにボケをかます。

『FF2』の頃はメトロシティの市長であるハガーのもとに居候し、ガイに恩義があったこともあり、マキとハガーがマキの父と姉をマッドギア残党から救出するのに協力している。

ストリートファイターV』の公式サイト「シャドルー格闘家研究所」の「キャラ図鑑」[1]では「メトロシティの治安維持に協力している」「必殺技の車輪投げは腰を痛めるので使わなくなった」と設定されている。

ゲーム上の特徴[編集]

パンチや投げの性能はマキと大差ない。通常攻撃の威力は三人の中で最も低い。しかし、パンチや飛び蹴りのリーチが長い。

ナイフを手持ち武器として使うことができる。背中に刀を常に携わっているが、メガクラッシュ使用時以外は素手で戦う。

技の解説[編集]

通常技[編集]

裏拳(うらけん)
攻撃ボタンで普通に出す技。2回まで打つことが可能。
フック[2]
「裏拳」を2回出した後に出せる腹部への突き。
回し蹴り(まわしげり)
通常攻撃のフィニッシュ技。「フック」を出した後に出せる蹴り。

特殊技[編集]

下突き(したつき)
ジャンプ中に出すことができる技で、下方向に拳を突き出す。ヒットすれば、その後は地上技へつなぐことができる。

投げ技[編集]

車輪投げ(しゃりんなげ)
後ろへ倒れこみながら敵を後方へ投げ飛ばす技で、巴投げに近い技。離れた敵を巻き込むことができる。
膝蹴り(ひざげり)
最大で3発まで出せる掴み技。2発目で止め、その後に「車輪投げ」を決める方が効率が良い。

メガクラッシュ[編集]

乱れ斬り(みだれきり)
背中に携えている刀を抜き、左右に振り回し周囲の敵を斬り倒す。体力を少し消耗するが、技中は完全無敵で不利な状況から体制を立て直すことができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d シャドルー格闘家研究所・活動報告書『キャラ図鑑037:カルロス宮本』
  2. ^ トクマインターメディアムック完全攻略本シリーズ『ファイナルファイト2完全攻略本』徳間書店、8頁。

関連項目[編集]