カルロ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア=カリニャーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カリニャーノ公カルロ・エマヌエーレ

カルロ・エマヌエーレ・フェルディナンド・ディ・サヴォイア=カリニャーノCarlo Emanuele Ferdinando di Savoia-Carignano, 1770年10月24日 - 1800年8月16日)は、第6代カリニャーノ公(在位:1780年 - 1800年)。

ヴィットーリオ・アメデーオ2世とマリー・ジョセフ・ド・ロレーヌの息子としてトリノに生まれる。1797年10月24日、トリノでクールラント公カール(ポーランド王・ザクセン選帝侯アウグスト3世の五男)の娘マリア・クリスティーナと結婚した。

子供[編集]

1800年8月16日、シャイヨーで死去。息子のカルロ・アルベルトが後を継いだ。

先代:
ヴィットーリオ・アメデーオ2世
カリニャーノ公
1780年 - 1800年
次代:
カルロ・アルベルト