カルロ・ゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カルロ・ゼン
職業 ライトノベル作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2013年 -
代表作幼女戦記』(2013年 - )
デビュー作 『幼女戦記』(2013年 - )
テンプレートを表示

カルロ・ゼンは、日本小説家ライトノベル作家シナリオライター

経歴・人物[編集]

小説投稿サイト「Arcadia」上で、ウェブ小説として執筆していた『幼女戦記』が書籍化し、作家デビューした[1]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

漫画原作[編集]

ゲームシナリオ[編集]

雑誌掲載・アンソロジー収録作品[編集]

小説
  • 「ヤキトリ 1 一銭五厘の軌道降下」(冒頭特別掲載) - 『S-Fマガジン』2017年8月号 掲載
  • 「神聖尊厳」 - 『されど罪人は竜と踊るオルケストラ = Dances with the Dragons』(浅井ラボ/原作、ガガガ文庫、2018年1月)収録
  • 「カルロ・ゼンの場合」「じゃがトマ警察の殺し方」ほか - 『作家逃亡飯』(星海社FICTIONS、2020年5月、同人誌からの再録)収録
エッセイ等
  • 「a day in my squad731」case.177 - 『小説すばる』2017年11月号 掲載

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 細川洋平 (2017年2月11日). “「これが面白いんだ、これを食え!」原作者カルロ・ゼンが語る「幼女戦記」(前編)”. WebNewType. 角川書店. 2017年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月17日閲覧。
  2. ^ 幼女戦記 :作品情報”. アニメハック. 2020年8月9日閲覧。
  3. ^ カルロ・ゼン原作の「売国機関」が新潮社くらげバンチにて漫画連載開”. くらげバンチ. 新潮社 (2018年6月29日). 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ “テロール教授の怪しい授業:「幼女戦記」作者が原作のマンガ 「モーニング」で連載開始”. MANTANWEB. (2018年10月18日). https://mantan-web.jp/article/20181017dog00m200030000c.html 2018年10月18日閲覧。