カルーガ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルーガ州
ロシア語: Калужская область
カルーガ州の旗 カルーガ州の紋章
カルーガ州旗 カルーガ州紋章
カルーガ州の位置
公用語 ロシア語
首府 カルーガ
カルーガ州知事 アナトリー・アルタモーノフ
カルーガ州副知事 ヴァレリー・ロギノフ
構成体種別
連邦管区 中央
経済地区 中央
面積
 - 総計
国内第64位
29,900km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第52位
1,041,641人
34.8人/km2
74.8% : 25.2%
時間帯 UTC +3(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.admobl.kaluga.ru/

カルーガ州Калу́жская о́бластьKaluga Oblast)はロシア連邦を構成するオーブラスチ)の一つ。面積29,900km22002年の人口1,041,641のロシアオーブラスチ)。州都はカルーガ

歴史[編集]

モンゴルのロシア侵略以前はこの地域はチェルニゴフ公国の統治下にあったが、次第にチェルニゴフ公ミハイール・フセヴォロドヴィッチの子孫らによる数十の領地へと分裂していった。これらはリトアニア大公国モスクワ大公国の間にあったため支配者が変動し圧迫されていた。

14世紀から15世紀にかけてオカ川の上流、この州とトゥーラ州の領域にわたって10の小さな公国ベリョーフノヴォシーリ及びオドーエフ、ヴォロティンスク、マサルスクズヴェニゴロドカラチェフコゼルスク及びペレムィシリタルーサ及びメシチョフスク、ボリャチノ、オボレンスク)が乱立していて、リトアニアへの年貢を強いられていた。

カトリックポーランドとリトアニアの同盟に際し、この地域の領主達はリトアニアの拡大に対抗して、15世紀末にはモスクワ公国の側に付いた。そのため1494年、リトアニアはこの地域の領土を全て失ったのである。

行政区画[編集]

カルーガ州は以下の地区(ラヨン)からなる。

地区(район 中心地
バブィニノ地区(Бабынинский район バブィニノ村
バリャチノ地区(Барятинский район バリャチノ村
ボロフスク地区(Боровский район ボロフスク
ドゥミニチ地区(Думиничский район ドゥミニチ町
ジェルジンスキー地区(Дзержинский район コンドロヴォ
ジズドラ地区(Жиздринский район ジズドラ
ジューコフ地区(Жуковский район ジューコフ
イズノスキ地区(Износковский район イズノスキ村
キーロフ地区(Кировский район キーロフ市※
コゼリスク地区(Козельский район コゼリスク
クイビシェフ地区(Куйбышевский район ベトリツァ村
リュジーノヴォ地区(Людиновский район リュジーノヴォ市※
マロヤロスラーヴェッツ地区(Малоярославецкий район マロヤロスラーヴェッツ
メドゥイニ地区(Медынский район メドゥイニ
メシチョフスク地区(Мещовский район メシチョフスク
モサリスク地区(Мосальский район モサリスク
ペレムィシリ地区(Перемышльский район ペレムィシリ
スパス=ジェメンスク地区(Спас-Деменский район スパス=ジェメンスク
スヒーニチ地区(Сухиничский район スヒーニチ
タルーサ地区(Тарусский район タルーサ
ウリャノヴォ地区(Ульяновский район ウリャノヴォ村
フェルジコヴォ地区(Ферзиковский район フェルジコヴォ村
フヴァストヴィチ地区(Хвастовичский район フヴァストヴィチ村
ユーフノフ地区(Юхновский район ユーフノフ

※地区から独立した州直轄市

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+3時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3で、夏時間がUTC+4時間、同年3月から2014年10月までは通年UTC+4であった)

著名な出身者[編集]