カレイドスコープの箱庭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田口・白鳥シリーズ > カレイドスコープの箱庭
カレイドスコープの箱庭
著者 海堂尊
発行日 2014年3月
発行元 宝島社
ジャンル 医療・ミステリーサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 287
前作 ガンコロリン
コード ISBN 978-4-8002-2226-8
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

カレイドスコープの箱庭』(カレイドスコープのはこにわ)は、2014年に宝島社より刊行された、海堂尊長編小説田口・白鳥シリーズの最終作でもある。

概要[編集]

作中に登場する「東城大学医学部付属病院」を舞台とした『田口・白鳥シリーズ』の第七作にあたる。 また、著者自身のエッセイ『放言日記』によると、単行本出版の際、本編の枚数がかさみ、『放言日記』の掲載を諦めたというエピソードがある。

ストーリー[編集]

ケルベロスの肖像での事件により、閉鎖の危機に陥った東城大学医学部附属病院。相変わらず病院長の手足となって働いている『不定愁訴外来(別名・愚痴外来)』の責任者・田口への今回の依頼は、病理医の検体取り違え疑惑の調査であった。国際会議開催の準備も控えるなか、 田口厚労省の役人・白鳥圭輔とともに再び調査に乗り出す。