カレリアの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
:Гимн Карелии
和訳例:カレリアの国歌

国歌の対象
Flag of Karelia.svg カレリア共和国

作詞 А.Белобородова
作曲 (合作)
А.Мишин
И.Костин
試聴
テンプレートを表示

カレリアの国歌ロシア語: Гимн Карелии)は、カレリア共和国の国歌である。

1993年4月、カレリア共和国憲法第14条で規定されたもので、作曲はА.Белобородова、作詞はА.МишинИ.Костинによる。

歌詞の概略は、カレリアの大自然を愛で歌い上げるものである。フィンランド民謡である「カレリアの丘にて」をベースにして作られており、"Звените, озера, и пой, тайга!"からはカレリアの丘と同じメロディになるが、カレリアの丘とは意味が違ったものになる。

歌詞[編集]

ロシア語[編集]

  1. Край родной - Карелия!
    Древняя мудрая земля.
    Братских племен одна семья,
    Карелия!
    Звените, озера, и пой, тайга!
    Родная земля, ты мне дорога.
    Высоко на сопках твоих стою
    И песню во славу тебе пою.
  2. Край родной - Карелия!
    Ты мне навек судьбой дана.
    Здравствуй в веках, моя страна,
    Карелия!
    Герои былин средь лесов и гор
    Живут на земле нашей до сих пор.
    Лейся, песня! Кантеле, звонче пой
    Во имя карельской земли святой!
  3. Край родной - Карелия!
    Рун и былин напев живой.
    Вижу рассвет лучистый твой,
    Карелия!
    Вижу рассвет лучезарный твой,
    Карелия!

フィンランド語[編集]

Kotimaamme Karjala!
Ikivanha kaunis maa.
Veljeskansat yhteen saa
Karjala!
Nuo järvet ja vaarat ja hongikot-
ne huomisen kutsua kuunnelkoot!
Seisoin vaaran harjalla paljain päin
ja suljin syliini mitä näin.
Kotimaamme Karjala!
Ikivanha laulumaa.
Työllään etsii kunniaa
Karjala!
Ne urhot ja sankarit laulujen-
ne asuvat täällä entiselleen.
Soita, soma kantele, jatku, työ!
Soi, laulu, sydämen liekki, lyö.
Kotimaamme Karjala!
Rahvas rehti, ahkera
töin ja lauluin ikuistaa
Karjalaa!
Töin ja lauluin ylistää
Karjalaa!

カレリア語訳[編集]

Kodirandu — Karjalu!
Igäine kaunis meijän mua.
Heimokanzat yhteh suat,
Karjalu!
Tuo kuunnelkua järvet dai mečät, suot
Kui sydämeh oma mua pajuo tuou.
Se mäin piälpäi selvembi nähtä voi —
Vie parembi kaikkii mua meijän roih.
Kodirandu — Karjalu!
Ozan kel elä igä kai.
Ryndähis meijän yksi vai —
Karjalu!
Tiä runoloin rohkiembat poijat vie
Kai eletäh salolois, järvien ies.
Pajo lennä, kandeleh helkieh lyö,
Kiitä Karjalua kaikkie muadu myö.
Kodirandu — Karjalu!
Runot dai pajot elos piet.
Nägyy tiä päivännouzu vies,
Karjalu!
Päiväzen nouzu nägyy vies,
Karjalu!

日本語訳[編集]

フィンランド語版からの翻訳[編集]

私たちの故郷,カルヤラ!

いにしえの美しき国。

兄弟が如き民が集う

カルヤラ!


湖と丘と松林の

明日へと誘う声聞かん!

私は丘の上に立って

その景色を腕の中に抱かん。


私たちの故郷,カルヤラ!

いにしえの歌の国。

労働で栄光をもたらそう

カルヤラ!


歌の勇士と英雄は

昔と変わらず今なおここに息づく。

響け,華麗なるカンテレ、継続的に!

響け,歌声,燃える心よ鼓動せよ!


私たちの故郷,カルヤラ!

人民は正直,勤勉で

労働と歌により不滅たる

カルヤラ!


労働と歌により讃えん

カルヤラ!

ロシア語版からの翻訳[編集]

故国の地はカレリア!

いにしえの賢明な地。

兄弟のような部族の一家族

カレリア!


奏でろ,湖,歌え,タイガ

故国,私はあなたが親愛だ。

あなたの高き丘の上に私は立って

私はあなたの栄光のために歌を歌う。


故国の地はカレリア!

あなたは運命によって永遠に私のものとなった。

何世紀も栄あれ,私たちの国よ,

カレリアよ!


森と山の中の叙事詩の英雄は

今もなおこの国に息づいている。

響け,歌声!カンテレよ,音高らかに歌え

聖なるカレリアの名の下に!


故国の地はカレリア!

ルーンブィリーナの生き生きとした音色。

私はあなたの輝く夜明けを見る,

カレリアよ!


私はあなたの輝く夜明けを見る,

カレリアよ!

[脚注の使い方]

関連項目[編集]