カレン諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カレン諸語
話される地域: ミャンマー、およびタイ国境周辺
言語系統: シナ・チベット語族
 (チベット・ビルマ語派)
  カレン諸語
下位言語:
パーオー諸語
ポー諸語
スゴウ=ブゲ諸語
ISO 639-2639-5: kar
Lenguas tibeto-birmanas.png

チベット・ビルマ語派の分布

  カレン諸語

カレン諸語(Karenic languages)は、約300万人いるカレン族の人々により話され、シナ・チベット語族に属する声調言語である。言語学的分類において、カレン諸語がチベット・ビルマ語派に属するのか明確でない[1]。類型的には、ほかのチベット・ビルマ語派のほとんどの言語がSOV型の語順を持つのに対し、カレン語はSVO型の語順を持つ。

カレン諸語の表記のためには、19世紀以降に主にビルマ文字を元に考案されたいくつかの文字体系が存在する(スゴー・カレン文字、仏教ポー・カレン文字、キリスト教ポー・カレン文字、レーケー文字、カヤー文字、パオ文字など)。

所属する言語[編集]

下位分類は学者によって異なる。主要な言語には以下のものがある。

脚注[編集]

  • Kawthoolei, meaning ‘a land without evil’, is the Karen name of the land of Karen people. An independent and impartial media outlet aimed to provide contemporary information of all kinds — social, cultural, educational and political
  • Karenpeople.org, a non-profit web portal on the Karen peoples
  • Karen.org, The website of the Karen National League of Bakersfield, California
  • Drum Publication Group, Sgaw Karen language materials available free online. Includes an online English - Sgaw Karen Dictionary.
  • http://www.kwekalu.net, The only Karen language news outlet online based in Mergui/Tavoy District of Kawthoolei