カップメシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

カップメシは、日清食品が製造・販売しているインスタント食品の1シリーズである。熱湯を注いで待つだけで調理できる加工米飯であり、全ての商品に米が入っている。

概略[編集]

前身は2013年9月2日発売の「日清カップカレーライス」で、2014年2月28日に日本食糧新聞社「第32回食品ヒット大賞」で “優秀ヒット賞” を受賞[1]。カレーライスではないとのクレームから2014年4月に「カレーメシ」へとリニューアルした。

当初は日清GoFan日清カップヌードルごはんと同様に、水を注ぎ入れた後に電子レンジで加熱調理する方式を採用していた[2]。2016年8月の商品リニューアルでカップヌードルなどと同様の湯かけ方式にしたところ[3]、年間売り上げがそれまでの2倍になった[4]。以来、こちらの調理方式が採用されている[5]

カレーメシのヒットともに、味のバリエーションも増え、カレー味以外の種類も含めた全体を日清では「カップメシ」と称している。

遊び心のある販促方法、パッケージデザインを掲げており、2018年9月には「AIが考えたカレーメシ」[6]、2019年1月には「カップヌードル カレー味のカレーメシ」である「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」を発売した[7]。2020年にはカレーメシのセールスポイントを「どうでもいい」、「とにかくかっこいいCMを作りたかった」とするテレビCM「汁無野郎篇」を放送した[8]

おもな商品一覧[編集]

カレーメシ[編集]

  • 和風だしカレーメシ JAPAN
  • カレーメシ ビーフ
  • ハヤシメシ デミグラス
  • キーマカレーメシ スパイシー

ウマーメシ[編集]

  • ウマーメシ 台湾まぜ飯
  • ウマーメシ 豚キムチチゲ
  • ウマーメシ シビうま担々

ぶっこみ飯[編集]

その他[編集]

  • 謎肉牛丼

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第32回食品ヒット大賞”. 日本食糧新聞社 (2014年2月28日). 2020年10月24日閲覧。
  2. ^ “「日清カレーメシ」4品 (4月7日発売)” (プレスリリース), 日清食品グループ, (2014年2月25日), https://www.nissin.com/jp/news/3397 2020年3月17日閲覧。 
  3. ^ “「日清カレーメシ ビーフ / シーフード」 (8月29日発売)” (プレスリリース), 日清食品グループ, (2016年8月22日), https://www.nissin.com/jp/news/5393 2020年3月17日閲覧。 
  4. ^ マーケティングはサイエンスではなく、アートだ(インタビュー編)”. バニスター株式会社 (2018年7月1日). 2020年3月17日閲覧。
  5. ^ レンチン厳禁、お湯注ぐだけ! 「カレーメシ」リニューアルに賛否両論【レビューウォッチ】” (日本語). J-CAST トレンド (2016年9月13日). 2020年7月19日閲覧。
  6. ^ 「運がよかった」 “AIが考えた”日清の新商品 甘くない開発の舞台裏” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年7月19日閲覧。
  7. ^ 「カップヌードル カレー味のカレーメシ」という脳が混乱しそうな「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」を本物と食べ比べてみた” (日本語). GIGAZINE. 2020年7月19日閲覧。
  8. ^ 日清「カレーメシ」、なぜか昭和の刑事ドラマ風CMを制作し最後に爆発させてしまう 「とにかくかっこいいCMを作りたかった」” (日本語). ねとらぼ. 2020年7月19日閲覧。