カレー丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カレー丼の一例

カレー丼(カレーどん、カレーどんぶり)とは、丼物の一種。主として蕎麦屋うどん屋で供される。

カレー南蛮を起源に持ち、それらに用いられるカレー味のあんを丼飯にかけたものである。出汁割下を用いた和風の味付け[1]で、具材には鶏肉豚肉牛肉のいずれかと、ネギまたはタマネギが用いられる。仕上げにグリーンピースが散らされることも多い。京都などでは肉ではなく油揚げを用いたカレー丼を出す店もある[2]

1909年(明治42年)、東京都目黒区の蕎麦屋「朝松庵」の主人が、洋食屋に取られた客を呼び戻すべく発明したものという[3]。タマネギではなくネギが使われることが多いのが、蕎麦屋生まれならではの特徴である。

調理[編集]

伝統的な製法では、具材を出汁で煮た後にカレー粉かえしを加えて調味し、最後に水溶き片栗粉でとろみを付けて仕上げるが、店や地域によっては作り置きのカレーカレールーそばつゆで伸ばしただけのものを供する例も多い。

店によっては、そばつゆで延ばしていない普通のカレーを丼によそった物をカレー丼として出す場合もある一方で、カレー丼とカレーライスをまったくの別物としてメニューに並べている例もある[4]。また浅草「河金」の河金丼(カツカレー)のように、カレー丼のソースを他の料理に応用する例も散見される[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『dancyu』1991年2月号・ 特集「俺のカレー、私のカレー」プレジデント社 54頁
  2. ^ どんぶり探偵団 1990, p. 128.
  3. ^ どんぶり探偵団 1990, p. 240.
  4. ^ 猪原賽 (2014年1月2日). “お蕎麦屋さんのメニューの謎「カレーライス」と「カレー丼」の違い” (日本語). News ACT. http://news-act.com/archives/35815125.html 2018年3月1日閲覧。 
  5. ^ dancyu 2010, p. 172.

参考文献[編集]

  • 『ベストオブ丼in pocket』 どんぶり探偵団、文藝春秋〈文春文庫 ビジュアル版〉、1990年(日本語)。ISBN 4168112098。
  • “俺のカレー、私のカレー”. dancyu (プレジデント社). (1991). 
  • 『カレー大全 上 いま甦る!幻のレシピ、珠玉の名店、感動の物語』 dancyu、プレジデント社、2010年(日本語)。ISBN 9784833471060。

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、カレー丼に関するカテゴリがあります。