カロリナ・ロドリゲス (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロドリゲス第二姓(母方の)はソロルサです。
カロリナ・ロドリゲス
Carolina Crespita Rodríguez cropped.jpg
基本情報
本名 カロリナ・ロドリゲス・ソロルサ
Carolina Rodriguez Solorza[1]
通称 La Crespa
階級 バンタム級
国籍  チリ
誕生日 (1983-09-30) 1983年9月30日(34歳)[1]
出身地  チリ
サンティアゴ[1]
スタイル オーソドックス[1]
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 15
KO勝ち 1
敗け 0
テンプレートを表示

カロリナ・ロドリゲス・ソロルサCarolina Rodriguez Solorza[1]、女性、1983年9月30日[1] - )は、チリのプロボクサーである。サンティアゴ出身[1]。第4代IBF女子世界バンタム級王者。

来歴[編集]

2010年4月30日、サンティアゴのヒムナシオ・クルブ・メヒコでデビュー戦を行い、3-0(39-38、40-39、40-36)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2013年2月22日、サンティアゴのヒムナシオCEOでダイアン・リベイロとWBA女子フェデラテンバンタム級王座決定戦を行い、3-0(79-77、80-76、79-74)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年8月31日、コンスティトゥシオンのエスタディオ・エンリケ・ドン・ミューレルでアナ・ロサーノとWIBA世界バンタム級王座決定戦を行い、3-0(100-90、100-90、98-92)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年11月1日、プエンテ・アルトのヒムナシオ・ムニシパルでナタリア・バネッサ・ロペスとノンタイトル8回戦を行い、プロ初のKO勝ちとなる5回1分56秒TKO勝ちを収めた。

2014年1月18日、エスタディオ・エンリケ・ドン・ミューレルでシモーネ・ダ・シルヴァ・ドゥアルテと対戦し、3-0(100-89、100-89、99-89)の判定勝ちを収めWIBA王座の初防衛に成功した。

2014年5月10日、メキシコヌエボ・レオン州モンテレイのアレナ・ソリダリダードでIBF女子世界バンタム級王者ジェネス・ペレスと対戦し、2-0(98-92、96-94、95-95)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年8月9日、サンティアゴのポリデポルティーボ・エスタディオ・ナシオナルでダイアナ・コルデロと対戦し、2-1(96-95、95-98、98-92)の判定勝ちを収めIBF王座の初防衛に成功した。

2014年12月12日、プエンテ・アルトのアレナ・デ・プエンテ・アルトでジェネス・ペレスと対戦し、2-0(99-91、95-95、99-91)の判定勝ちを収め、7ヵ月ぶりの再戦を制すると共にIBF王座の2度目の防衛に成功した。

2015年8月22日、アントファガスタで元WBA女子世界スーパーフライ級王者でOPBF女子東洋太平洋バンタム級王者の天海ツナミアルファ)と対戦し、3-0(100-91、98-92、99-91)の判定勝ちを収めIBF王座の3度目の防衛に成功した[2][3]

戦績[編集]

  • 15戦 15勝 1KO

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Carolina Rodriguez : Boxer”. Boxrec. 2015年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。
  2. ^ ロドリゲスが3度目の防衛に成功【試合結果】カロリーナ・ロドリゲスvs天海ツナミ!☆8.22 IBF女子世界バンタム級タイトルマッチ@チリ”. Lady Go!. 2015年8月23日閲覧。
  3. ^ 天海ツナミ、アルゼンチンで王座奪取ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月23日
空位
前タイトル保持者
ションデル・アルフレッド
第5代WIBA世界バンタム級王者

2013年8月31日 - 2014年(返上)

空位
次タイトル獲得者
タイリシア・ダグラス
前王者
ジェネス・ペレス
第4代IBF女子世界バンタム級王者

2014年5月10日 - 現在

次王者
N/A