カロル・スタニスワフ・ラジヴィウ (1669-1719)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カロル・スタニスワフ・ラジヴィウ
Karol Stanisław Radziwiłł
ラジヴィウ家
Karol Stanisław Radziwiłł.JPG
出生 (1669-11-27) 1669年11月27日
クラクフ
死去 (1719-08-02) 1719年8月2日(49歳没)
ビャワ
配偶者 アンナ・カタジナ・サングシュコ
子女 カタジナ・バルバラ
ミコワイ・クシシュトフ
ミハウ・カジミェシュ
コンスタンツィア・フランツィスカ
カロリナ・テレサ
テクラ・ルジャ
アンナ・アレクサンドラ
アルブリフト・スタニスワフ
クリスティナ・エレナ
ルドヴィク・ミコワイ
スタニスワフ・イェジー
ヒェロニム・フロリアン
父親 ミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウ
母親 カタジナ・ソビェスカ
テンプレートを表示
紋章

カロル・スタニスワフ・ラジヴィウポーランド語:Karol Stanisław Radziwiłł;リトアニア語:Karolis Stanislovas Radvila、1669年 - 1719年)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族、公(帝国諸侯)。

リトアニアの副大法官、野戦ヘトマンのミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウと、ポーランド王ヤン3世ソビェスキの妹カタジナとの間に生まれた。ネスヴィジのオルディナト(世襲領主)を相続、1685年よりリトアニア大膳官を、1686年よりリトアニア騎兵隊長官を、1690年よりリトアニア副大法官を、1698年よりリトアニア大法官およびヴィリニュスの徴税官(Ciwun)を務めた。また白鷲勲章を授与されている。