カワイヌイ湿地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

カワイヌイ湿地(カワイヌイしっち、英語: Kawainui Marsh)はアメリカ合衆国ハワイ州オアフ島にある湿地で、ハワイ州で唯一ラムサール条約に登録された湿地である。

湿地[編集]

カワイヌイ湿地は3.2平方キロメートルの広さの、アメリカ合衆国ハワイ州で最大の湿地で、ハワイ州とホノルル市が所有している。オアフ島東部(風上側)のカイルア近くにある。マウナウィリ渓谷(Maunawili, Hawaii)からの川が海へそそぐ場所の三角江になっている。 [1]

現在、カワイヌイ湿地の大部分は植物に覆われていて、乾燥地には牛が放牧されている。もともとこの湿地の一部はカネオヘ牧場(Kaneohe Ranch)に属していた。

周りのヘイアウ[編集]

カワイヌイ湿地の周りには3つのヘイアウハワイ先住民の聖所)、ウルポ・ヘイアウ(Ulupō Heiau)、パフキニ・ヘイアウ(Pahukini)、ホロマカニ・ヘイアウ(Holomakani)もある。 [2]

ハマクア湿地[編集]

道路を隔てて山側に小規模のハマクア湿地(Hamakua Marsh)がある。 [3]

脚注[編集]

参照項目[編集]