カワサキ・B8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

B8(ビーエイト)は川崎航空機工業が1962から1965年まで販売した125ccの小型自動二輪車。 125ccの2ストロークピストンバルブエンジンは、6,000RPMで11馬力を発揮した。 川崎航空機工業が親会社である川崎重工業に吸収合併される前のモデルであり、タンクエンブレムとサイドカバーのロゴは「KAWASAKI」ではなく「KAWASAKI AIRCRAFT」が使用されている。

カワサキ・B8
B8T mat.jpg
写真はツーリングモデルのB8T
基本情報
メーカー 日本の旗川崎重工業
エンジン B8E型 124cm3 2ストローク
空冷単気筒
内径x行程 / 圧縮比 53mm x 56mm / 6.3:1
最高出力 11PS/6,000rpm
最大トルク 1.3kg-m/4,500rpm
車両重量 116kg
テンプレートを表示

歴史[編集]

前身モデルであるB7までは川崎航空機工業がエンジンのみを設計し、車体は子会社である川崎明発工業(メイハツ)が設計していたが、B8はエンジンから車体までを一貫して川崎航空機工業が設計・製造した初の本格的オートバイである。 川崎航空機工業のオートバイ部門はB7以前のモデルの販売不振によって赤字が常態化し、親会社である川崎重工業から事業撤退を迫られていたが、B8の販売が好調となったため、現在の川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーへと繋がるオートバイ事業が継続されることとなった。

概要[編集]

B8は設計者である松本博之が自ら行ったディーラーでの聞き取り調査を基に設計され、舗装道路が少なかった当時の道路事情に対応した、低速でもトルクのある粘り強いエンジンと肉厚で耐久性のある車体、新設計のサスペンションを備え、実用性の高さから人気を博した。 派生車としてダブルシートを装着したツーリングモデルのB8Tや排気量を148ccに拡大した150B8Sがある。

レースでの活躍[編集]

B8の走破性の高さは当時、国内で活況となりつつあったモトクロスレースでも有効であり、B8を改造したモトクロスレーサーB8Mは1963年に兵庫県の青野ヶ原で開催されたMFJ兵庫支部主催の第一回モトクロスで1~6位までを独占して完全優勝し、カワサキのオートバイランドとしての地位を大きく向上させた。B8Mのレース活動は当初、社内の有志にるものであったが、レースでの活躍を受けて正式なワークスチームが組織され、カワサキのレース活動の先駆けとなった。

参考文献[編集]

小関和夫 『カワサキマッハ 技術者が語る2サイクル3気筒の開発史』 三木書房 2008年12月 ISBN 4895226549