カワサキ・Z200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カワサキ・Z200
基本情報
排気量クラス 軽二輪
エンジン 198cm3 
内径x行程 / 圧縮比 66mm x 58mm / 9.0:1
最高出力 18ps/8,000rpm
最大トルク 1.68 kg-m/7000rpm
テンプレートを表示

Z200(ゼットにひゃく)は、川崎重工業が製造販売していたオートバイ

概要[編集]

1970年代後半から1980年頃まで販売されていたオートバイ。排気量198ccの空冷4サイクル2バルブ単気筒エンジン、前輪にワイヤー式シングルディスクブレーキ、後輪にドラムブレーキを装備する極めてシンプルなモデルである。車体カラーは青メタリック、黒メタリック。1980年のカタログ価格は240,000円。シンプルな車体と軽量な車重から初心者や女性ライダー向けともカタログにうたわれていた。

数度マイナーチェンジを繰り返した後、1980年に排気量が246ccにアップ(のち249ccにアップ)された、後継のモデルZ250FSにバトンタッチした。

参考文献[編集]

  • 『モーターサイクリスト』1982年10月号臨時増刊「国産モーターサイクルのあゆみ・パート3」