カンサス・シティ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カンサス・シティ
ウィルバート・ハリスンシングル
B面 Listen, My Darling
リリース
録音 ニューヨーク
1959年3月
ジャンル R&B
ロックンロール
時間
レーベル フューリー
作詞・作曲 ジェリー・リーバー/マイク・ストーラー
プロデュース ボビー・ロビンソン
ウィルバート・ハリスン シングル 年表
Gonna Tell You a Story / Letter Edged in Black
(1959年)
カンサス・シティ
(1959年)
Cheating Baby / Don't Wreck My Life
(1965年)
テンプレートを表示

カンサス・シティ」 (Kansas City)は、1952年ジェリー・リーバーマイク・ストーラーによって書かれたR&Bナンバー[1]

解説[編集]

本作は、リトル・ウィリー・リトルフィールドの「K.C.ラヴィング」を、ウィルバート・ハリスン(Wilbert Harrison)が「カンサス・シティ」としヒットさせた楽曲である。

ビルボード(Billboard)誌が発表したBillboard Hot 1001959年5月18日付)では第1位を獲得[2]。ビルボード誌1959年年間ランキングは第19位。

また、英国ロックバンドビートルズ1964年発表のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』においてカヴァーしていることでも有名である。

ビートルズによるカヴァー[編集]

メドレー:カンサス・シティ - ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1964年10月18日
ジャンル ロックンロール
時間 2分38秒 (monaural version)
2分38秒 (stereo version)
2分15秒 ("Live At The Star-Club In Hamburg, Germany; 1962." version)[注釈 1]
2分44秒 ("The Beatles Anthology 1" version)
2分37秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル EMIパーロフォンキャピトル・レコード
作詞者 ジェリー・リーバー/マイク・ストーラー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 日本 年表
ミスター・ムーンライト
b/w
ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
(1965年)
メドレー:カンサス・シティ~ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
b/w
アイル・フォロー・ザ・サン
(1965年)
パーティーはそのままに
b/w
みんないい娘
(1965年)
ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65) 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. メドレー:「カンサス・シティ~ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

ビートルズによるカヴァー・ヴァージョンは1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のA面7曲目に収録された。リトル・リチャード1959年に発表した、本曲とリチャードのオリジナル「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」(Hey, Hey, Hey, Hey)をメドレーにしたヴァージョンを踏襲しカヴァーしている。ただしビートルズ・ヴァージョンのタイトルは、発売当時は「カンサス・シティ」のみのクレジットだった。

なおビートルズは1969年1月の「ゲット・バック・セッション」でも本作を採り上げた[注釈 2]

ミキシング[編集]

ステレオ・ヴァージョンはモノラル・ヴァージョンに比べてフェード・アウトが遅い。

プレイヤー[編集]

収録盤[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 演奏後のポールの語りも含まれるため実際の演奏時間はさらに短い。演奏時間の出典は『デビュー! ビートルズ・ライヴ'62』のインデックスである。
  2. ^ ただし「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」は採り上げていない。

出典[編集]

  1. ^ One author suggests that the 1927 blues song "Jim Jackson's Kansas City Blues" is a "remote cousin".Herzhaft, Gerard (1992). Encyclopedia of the Blues. University of Arkansas Press. p. 456. ISBN 1-55728-252-8. 
  2. ^ Wilbert Harrison Chart History (Hot 100)”. Billboard Hot 100. Billboard (1959年5月18日). 2018年12月6日閲覧。