カンナダ語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カンナダ語映画
Kannada cinema
PVR cinema bangalore.jpg
バンガロールのPVRシネマズ英語版
スクリーン 650(シングルスクリーン)
映画撮影数(2018年11月)
合計 179
興行成績 (2018年11月)[1]
合計 ₹6,500,000,000
国内の映画 ₹2,500,000,000[1]

カンナダ語映画(カンナダごえいが、Kannada cinema)は、インドの映画のうちカンナダ語で製作された映画であり、カルナータカ州に拠点を置く映画業界を指す。「チャンダナヴァナ(Chandanavana)」[2]、または換喩として「サンダルウッド(Sandalwood)」の通称で知られている。カンナダ語映画はインドにおいてヒンディー語映画テルグ語映画タミル語映画、マラヤーラム語映画に次いで5番目の興行規模を持つ映画産業である。2017年時点で、産業の拠点であるバンガロールでは毎年190本以上の映画が製作されている[3]。映画はカルナータカ州内1,250スクリーン以上で公開され、アメリカ合衆国イギリスアラブ首長国連邦ヨーロッパマレーシア日本中華人民共和国ケニア南アフリカ共和国オランダメキシコパキスタンロシアドイツブラジルバングラデシュネパールバングラデシュスリランカミャンマーシンガポールオーストラリアなど世界中で公開されている[4][5]

1941年にインド初となる政府主導の映画専門学校シュリ・ジャヤチャマラジェンドラ・ポリテクニックがバンガロールに設立され、1996年9月に撮影コースとサウンド・テレビジョンコースが分割され、ヘサラガッタに新たに世界銀行の支援を受けてバンガロール国立映画テレビ学院英語版が設立された[6]。国際的な賞賛を受けた映画としてはロカルノ国際映画祭で賞を受賞した『Chomana Dudi』『Kaadu』『Samskara[7]、マンヘイム映画祭で賞を受賞した『Ghatashraddha』が挙げられる[8][9][10]

代表的な作品としては『Bedara Kannappa』『School Master』『Sharapanjara』『Vamsha Vriksha』『Bhootayyana Maga Ayyu』『Ghatashraddha』『Kaadu Kudure』『Ranganayaki』『Bara』『Accident』『プシュパカ・ヴィマナ』『Tabarana Kathe』『Kraurya』『Thaayi Saheba』『A』『Mane』『Dweepa』『Kariya』『Mungaru Male』『Sangolli Rayanna』『Dandupalya』『Lucia』『Mr. and Mrs. Ramachari』『RangiTaranga』『Uppi 2』『Thithi』『Kirik Party』『Doddmane Hudga』『Kotigobba 2』『Shivalinga』『Raajakumara』『Tagaru』『K.G.F: Chapter 1』が挙げられている[11][12][13]

歴史[編集]

黎明期[編集]

1934年に初のカンナダ語トーキー映画『Sati Sulochana』が公開され[14]、続いて『Bhakta Dhruva』が公開された。『Sati Sulochana』はチェンナイで撮影された他、一部の撮影はコールハープルのチャトラパティ・スタジオでも行われた。1949年にホナッパ・バガヴァサール英語版が『Bhakta Kumbara』をプロデュースし、パンダリ・バーイ英語版と共に主演を演じ、1955年には『Mahakavi Kalidasa』をプロデュースし、B・サロージャ・デヴィ英語版がカンナダ語映画界のスター女優となった[15]

発展期[編集]

ホナッパ・バガヴァサール
ラージクマール

ラージクマール英語版はカンナダ語映画界の重鎮として活躍し、妻パルヴァサマ・ラージクマール英語版は映画製作会社・配給会社ヴァジレシュワリー・コンバインを設立した。1972年公開の『Naagarahaavu』に出演したヴィシュヌヴァルダンアンバリーシュ英語版はこの作品をきっかけにカンナダ語映画のスター俳優となった。この時期のカンナダ語映画はヴィシュヌヴァルダンとラージクマールが2大スターとして牽引していた。

シャンカール・ナグ英語版は『Ondanondu Kaladalli』『Malgudi Days』で主演を務め、この時期にはタイガー・プラバカール英語版アナント・ナグ英語版ロケーシュ英語版ドワラキシュ英語版アショーク英語版シュリナス英語版M・P・シャンカール英語版サンダール・クリシュナ・ウルス英語版カルパナ英語版アラティ英語版ラクシュミー英語版ギータ英語版マドハヴィ英語版マンジュラ英語版ジャヤマラ英語版などの俳優・女優が活躍した。1980年代後半に入るとV・ラヴィチャンドラン英語版シヴァ・ラージクマールラメシュ・アラヴィンド英語版バヴィヤ英語版スーダ・ラニ英語版ターラ英語版マラシュリ英語版アンジャーリー・サダカール英語版ヴァニサ・ヴァス英語版シュルティ英語版が登場した。

現代のカンナダ語映画界ではダルシャン英語版スディーププニート・ラージクマールヤシュ英語版ガネーシュ英語版ウペンドラ英語版ヴィジャイ・ラガヴェンドラ英語版シュリームラリ英語版プラジワール・デヴァラージ英語版ディガント英語版ラクシット・シェッティ英語版プレーム英語版シャラン英語版チランジーヴィ・サルジャ英語版ドルヴァ・サルジャ英語版ダナンジャイ英語版リシャーブ・シェッティ英語版ラーディカー・パンディット英語版ディヴィヤ・スパンダナ英語版アムリヤ英語版プージャ・ガンディー英語版アインドリタ・レイ英語版ラシュミタ・マンダナ英語版ラジニ・ドウィヴェディ英語版シャーンヴィ・シュリヴァスタヴァ英語版ラツィタ・ラーム英語版シュルティ・ハリハラン英語版ディーパ・サンニディ英語版ニートゥ英語版メガナ・ラージ英語版マンヴィタ英語版ラーディカ・チェタン英語版プラニタ・スバーシュ英語版アヴァンティカ・シェッティ英語版シュラッダー・シュリナス英語版サムクタ・ヘーゲ英語版パルル・ヤダヴ英語版ハリピリヤ英語版サンジャナー英語版が活躍している。またチッカンナ英語版サドゥ・コキラ英語版バレット・プラカーシュ英語版クリ・プラタープ英語版がコメディ俳優として活躍している。

主な映画祭[編集]

主な映画賞[編集]

  • カルナータカ州映画賞英語版
  • ウダイ・フィルム・アワード英語版
  • サヴァルナ・フィルム・アワード英語版

出典[編集]

  1. ^ a b The Digital March Media & Entertainment in South India”. Deloitte. 2018年7月閲覧。
  2. ^ [1] Link referring rechristening of sandalwod as chandanavana at world kannada summit
  3. ^ When it rained films. Deccanherald.com. Retrieved on 2017-07-29.
  4. ^ "Statewise number of single screens". chitraloka.com (1913-05-03). Retrieved on 2013-07-29.
  5. ^ Shampa Banerjee, Anil Srivastava (1988) [1988]. One Hundred Indian Feature Films: An Annotated Filmography. Taylor & Francis. ISBN 0-8240-9483-2. 
  6. ^ GFTI”. www.filminstitutebangalore.com. 2014年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。
  7. ^ Tikkavarapu Pattabhirama Reddy – Poet, Film maker of international fame from Nellore - 1Nellore.com”. 2019年1月3日閲覧。
  8. ^ Asiatic Film Mediale”. asiaticafilmmediale.it. 2008年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月3日閲覧。
  9. ^ Girish Kasaravalli to be felicitated”. The Hindu (2011年4月25日). 2014年3月25日閲覧。
  10. ^ A genius of theatre”. The Frontline (12–25 October 2002). 2009年3月14日閲覧。
  11. ^ 100 Years of Indian Cinema: The 100 greatest Indian films of all time”. IBNLive. 2019年1月3日閲覧。
  12. ^ Raghavendra, M. K. (2017年6月29日). “Ten Landmark Films Of Kannada Cinema You Can Watch Now”. Film Companion (filmcompanion.in). http://www.filmcompanion.in/article/ten-landmark-films-of-kannada-cinema 2017年11月14日閲覧。 
  13. ^ Kannada film KGF beats Shah Rukh's Zero”. rediff.com (2018年12月27日). 2019年1月3日閲覧。
  14. ^ "First film to talk in Kannada" article in The Hindu
  15. ^ K. Moti Gokulsing; Wimal Dissanayake (17 April 2013). Routledge Handbook of Indian Cinemas. Routledge. ISBN 978-1-136-77284-9. https://books.google.com/books?id=djUFmlFbzFkC. 
  16. ^ Bengaluru International Film Festival - BIFFES”. Bengaluru International Film Festival. 2019年1月3日閲覧。