カンファー-1,2-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
カンファー-1,2-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.15.2
CAS登録番号 37256-81-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

カンファー-1,2-モノオキシゲナーゼ(camphor 1,2-monooxygenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(+)-ボルナン-2,5-ジオン + 還元型ルブレドキシン + O2 \rightleftharpoons 5-オキソ-1,2-カンホリド + 酸化型ルブレドキシン + H2O

この酵素の基質は(+)-ボルナン-2,5-ジオン、還元型ルブレドキシンO2で、生成物は5-オキソ-1,2-カンホリド、酸化型ルブレドキシンとH2Oである。補因子としてを用いる。

組織名は(+)-camphor,reduced-rubredoxin:oxygen oxidoreductase (1,2-lactonizing)で、別名に2,5-diketocamphane lactonizing enzyme、camphor ketolactonase I、oxygenase, camphor 1,2-mono、ketolactonase Iがある。

参考文献

  • CONRAD HE, DUBUS R, NAMTVEDT MJ, GUNSALUS IC (1965). “MIXED FUNCTION OXIDATION. II. SEPARATION AND PROPERTIES OF THE ENZYMES CATALYZING CAMPHOR LACTONIZATION”. J. Biol. Chem. 240: 495–503. PMID 14253460.
  • Trudgill PW, DuBus R, Gunsalus IC (1966). “Mixed function oxidation. VI. Purification of a tightly coupled electron transport complex in camphor lactonization”. J. Biol. Chem. 241 (18): 4288–90. PMID 4288652.
  • Yu CA, Gunsalus IC (1969). “Monoxygenases. VII. Camphor ketolactonase I and the role of three protein components”. J. Biol. Chem. 244 (22): 6149–52. PMID 4310834.

今日は何の日(1月28日

もっと見る

「カンファー-1,2-モノオキシゲナーゼ」のQ&A